高須院長と揉めてるツイッター主ガいよいよ精神的に追い込まれ「死ねばいいんですか?」 | twitter民が高須克弥先生と西原理恵子さんを侮辱挑発した結果 | 高須クリニック院長、ツイッター民に妻の西原理恵子さんを”慰安婦”と侮辱されて激怒し名誉棄損で訴訟

高須クリニック院長であり、浄土真宗僧侶でもある高須克弥氏(72歳)が、一般人から侮辱的な言葉を浴びせられたため、裁判に向けて手続きを進めていることが判明した。 ・高須克弥氏と西原理恵子氏を侮辱 訴えられる人物は「虫尾緑」 […]

Read More »

ごはんですよ~! | フライパンで焼くだけ「焼き鳥」と「焼き魚」を作ってみた。

(1)材料:焼き鳥(市販)、鮭(塩味付き)、キャベツ(付け合せ用) (2)フライパンに焼き鳥(串に刺さっている市販のもの)と鮭を載せていためる (3)炒めている間にキャベツを切って、サラダをつくっておく。 (2)中まで火 […]

Read More »

ごはんだよ~! | 寒い季節にぴったり!身体も心もぽっかぽか♪手間いらずな「鍋焼きうどん」を作ってみた。

(1)一人用の鍋を用意し粉末の出汁をいれ、お湯を沸かす (2)ネギと豆腐を煮込む (3)市販の冷凍うどんを入れて煮込む (4)最後に卵を入れ、程よい硬さになるよう煮込む (5)完成です♪所要時間5分ほどw (6)いただき […]

Read More »

ごはんだよ~! | 5分でできる!「豚肉と豆腐の冷しゃぶサラダ」とリアル豚汁!? | 豚肉の味がたっぷりと染み込む「中華スープ」を作ってみた

(1)材料:豚しゃぶしゃぶ用、豆腐、キャベツ (2)キャベツを洗い、適度な大きさにちぎる (3)豚肉を火が通るようさっと茹でる (4)火が通ったら氷水で冷やす (5)ちぎったキャベツの上に、豆腐をのせ、ざっくりと崩して乗 […]

Read More »

ごはんだよ~! | 無限ピーマンの次はこれだ!レンジも不要でお湯をかけるだけ!「やみつき塩こんぶキャベツ」を作ってみた。

(1)材料:塩昆布、キャベツ、中華だし、ごま油、ごま + 今回はポテトサラダ (2)キャベツをざっくり刻む (3)そこへ沸騰したお湯をかける (4)中華だしペーストを適量加える (5)ごま油を適量加える (6)塩コショウ […]

Read More »

ごはんだよ~! | 簡単!ボリュームたっぷりな「肉そぼろチャーハン」を作ってみた。

(1)材料:ごはん、炒飯の素、卵 (2)まずは通常通り、炒飯のもとを使いチャーハンを作る (3)ご飯に火が通ったら、卵を投入 (4)全体に混ぜ合わせて、炒飯の素を投入 (5)通常のチャーハンが完成! (6)チャーハンをお […]

Read More »

ごはんだよ~! | 電子レンジがかんたんお手軽に「焼き芋」を作ってみた。

友人よりさつまいもをいただいたので、早速自宅で焼き芋をつくってみました。 専用の機器はもっていないので、電子レンジで簡単に調理していました♪ (1)材料:「石焼きいも黒ホイル」と「さつまいも」だけ。 (2)ホイルを巻きつ […]

Read More »

ごはんだよ~! | 簡単魚焼きグリルで「屋台風焼きとうもろこし&コーンごはん」を作ってみた。

友人の家でとれた「とうもろこし」をもらったので、 焼きとうもろこしにして美味しくいただきました♪ ついでに芯を活用しコーンご飯にもチャンレンジ! さて、どうなるか。 (1)まずは、とうもろこしを魚焼き器で程よく焼き色が付 […]

Read More »

ごはんだよ~! | かんたん!お肉柔らか〜な「豚肉の生姜焼き」を作ってみた。

今日もお肉が食べたい! ということで豚肉の生姜焼きを作りました♪ (1)材料を準備 (2)柔らかくしたいので包丁で切り目を入れる (3)味を染み込みやすくするためと火を通りやすくするためにフォークでグザグザ! 日頃のスト […]

Read More »

ごはんだよ~ | 超簡単♥グリルで焼くだけ!「焼き鳥&もやしと豆腐のサラダ」を作ってみた。

作ってみたと言っても、もともと串に刺さった状態のものを買ってきて 焼いただけのお手軽手抜きレシピ♪ (1)材料はこちら (2)味を変えたいのでフライパンを2つ準備 (3)フライパンに敷き詰める (4)まずは表面を炒めてい […]

Read More »

ごはんだよ~! | マヨでコク旨★絶品「たらこスパゲッティ」を作ってみた。

ファミレスやレストランで食べる「たらこスパゲッティ」はたらこソースの量が足りないと!と 常々不満を持っていたので、それならば思う存分自分でスキなだけたらこソースを作って満足するまで食べよう! と思いたち、オリジナルのソー […]

Read More »

ウサギ型米粉ビスケット

 
『ウサギ神奮戦記』がきっかけで、今年は白兎神社・出雲大社へお礼参り。
 
東京へ戻れば、やたらにウサギ関連のお店を発見。
 
ウサさんとご縁が多い今日この頃、ウサギ・ビスケットまで作ってしまいました。
 
グルテンフリーで、ようやく「これなら何とか」という配合ができたんですよ。
 
{EABFC4C0-9A60-4E7F-885A-A791B02D0EFF}

 昨夜、気温が下がったので、残りのタネでもう一種作りました(^。^)

 
ちなみに、昨日暑さで苦戦しながら焼いたのがこちら。
 
{DAAD69B1-7C31-424D-9B8A-BF8C219F8C02}
 
 
色が濃い目についてしまいましたが、これでも白っぽく焼けるように頑張ったんです。
 
材料は、富沢商店の製菓用米粉170gとタピオカでんぷん30gを合わせてふるったもの、有塩バター50gとトランスファットフリー・ショートニング50gを合わせたもの、卵L玉1コ、素炊糖(きび砂糖)60g、レモンエクストラクト少々です。
 
室温に戻してやわらかくしたバターとショートニングを泡立て器でなめらかになるまで混ぜ、砂糖を加えてクリーム状になるまで混ぜます。
 
そこへ別の器で溶いた卵を少しずつ加えては泡立て器でよく混ぜ、分離しないようになめらかにします。
 
レモンエクストラクトを加えてよく混ぜ、ゴムべらに持ち替えてふるった粉類を加えて全体をしっかりと混ぜ、ラップに包んで冷蔵庫へ入れて冷やし固めます。
 
室温が高いので二つに分けて冷蔵しました。
 
一度に全部出すと、途中で生地が暑さでべとつきますからね。
 
冷えて落ちついたら、米粉をつけた型で抜き、ベーキングシートかシリコン加工アルミフォイルを敷いた天板かトレイに並べます。
 
できれば、複雑な型で抜いたときは、型抜きしたビスケット生地のトレイにラップをかぶせてもう一度冷蔵庫へ入れて冷やした方がきれいにできるのですが、うちの小さな冷蔵庫にはスペースがないのでそのまま焼きましたわ。
 
オーブントースターを180度で1分予熱し、170度に下げて小さいウサビス(ウサギのビスケット。面倒なので以下略)は5分ほど、大きいウサビスは8分ほど、周囲にうっすらと焼き色がつくまで焼きます。
 
色がついたら、すぐにスイッチを切り、そのまま余熱でビスケットが固くなるまで待ちます。
 
焼き色がしっかりついてもいいなら、全体にきれいな焼き色がつくまで焼いてすぐに出した方が時間は短縮できます。
 
素炊糖を使っているので真っ白にはなりませんが、それでもウサっぽく白めに仕上げたかったので、こういう手間をかけました(^_^)
 
トレイを出してそのまま放置し、しっかり堅くなってから、丁寧にフライ返しで取り、お皿にのせて完全に冷まします。
 
米粉を限定したのは、小麦粉と違ってメーカーにより「これでもか!」というほど質が違うからです。
 
富沢商店以外であれば、共立食品の「米の粉」でもだいたい同じように作れます。
 
申し訳ありませんが、それ以外のメーカーの米粉は同じように出来るかどうか不明です。
 
ちなみに、バターとショートニングの両方を使ったのは、私自身乳製品にアレルギーがあるので、バターは大丈夫とはいえ念のためにアレルギーリスクを分散したかったから。
 
健康ならば、バターだけ、マーガリンだけでも同じように作れます。
 
有塩バターならそのままですが、無塩バターを使うなら隠し味にほんのひとつまみ塩を加えてください。
 
お砂糖も私一人分ならてんさい糖を使うのですが、遊びに来る友人がてんさい糖がダメな人なので「きび砂糖」に。
 
香料も、たまたまレモンエクストラクトが一回分残っていたので空にするために使いましたが、バニラでも何でも。
 
私はたいていブランディーを使います。
 
いつもは型抜きをせず、ビスケット生地を筒状にラップで包み、固まったら包丁でスライスして丸い形で焼いています。
 
これが一番簡単ですよ(^_^)
 
型抜きをするときは、できるだけ涼しい日か部屋を選んで。
 
最初はしっかり固まっていても、すぐにやわらかくなる生地なので、お気を付けて。
 
オーブントースターはかなり個体差がありますから、目を離さず、あくまでも時間と温度は目安として調整してください。
 
オーブン使用なら、170~180度の通常のビスケットと同じ温度です。
 
ただし、できればコンベクションをとめてください。
 
小麦粉と違い乾燥しやすいですから、コンベクションを使うとできあがりが悪くなります。
 
どうしても止められないときは、表面が固まり始めたらアルミフォイルをかぶせて乾燥を防ぎながら焼き、最後の方ではずして焼き色を付けるようにしてくださいね。
 
さて、先週から転院やらなんやらで一日在宅とはいきませんでしたが、ようやく落ちついたので『霊獣たちの物語 6』の続きが書けます。
 
あと一話で終了なのですが、それがなかなか(^_^;
 
出版までもうしばらくお待ちくださいませ<(_ _)>
 
 
 
善い出会いを増やすために、ランキングに復帰しました。
 
よろしければ、ちょいとクリックしていただけると嬉しいです<(_ _)>
  ↓


小説ランキング

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

Read More »

おいしいベーコンは良質な調味料

今日は昨日とは打って変わって曇り、そして肌寒い日。

 

用事が重なり先週半ばから毎日外出で少しバテ気味ですが、今日も頑張って新宿へ。

 

だって新宿高島屋の京都美味コレクションの最終日なんですから、そりゃ最後の買い出しに行かなくちゃ(^_^)

 

2回目なので迷わず「ハム工房古都」さんへ行き、前回初めて食べておいしかった田舎風パテ、ベーコン、ソーセージ数種をまとめ買いしました。

 

ちょっとお値段は張りましたが、冷凍して大事に食べるのでそう高いものではありません。

 

帰宅して、さっそくベーコンで春雨炒めを作りました。

 

 

特に脂身が多いベーコンだったので、「いいダシが出るわ~」と期待したら、思った通り!

 

肉の脂身は嫌われがちですが、良質なお肉のきちんと作られたベーコンの脂は、昔から味付けに使われてきました。

 

イギリスや大陸側ヨーロッパでも、昔から塊のハムや肉類をじっくりローストする際にベーコンを巻き付ける調理法があります。

 

あれは焼いているときの乾燥を防ぐためだけではなく、ベーコンの脂の旨味をハムや肉類に移す調味料の役割も果たしているんですよ。

 

今はうちにはオーブンがありませんが、それでもせっかく手に入ったおいしいベーコンですから、たっぷりと旨味をいただきました(^_^)

 

塊ベーコンを薄切りにし、さらにやや太めの細切りにして油を敷かないフライパンでじっくり炒め、両面にうっすらと焦げ目がつき脂が出るまで弱めの中火で熱します。

 

脂がたっぷり出てベーコンに焼き色がついたら、荒千切りのキャベツを大量に投入し、海塩少々、ジンジャー、ガーリック、一味唐辛子で味付け。

 

この段階では、ベーコンからも塩味が出ますから塩気は控えめに。

 

キャベツがざっと炒まったら、戻して水気を切った春雨を入れて水分を飛ばすように炒めます。

 

ここでもう一度味見をして、塩気や香辛料が足りなければ補い、仕上げます。

 

今日はスパイスのジンジャーとガーリックを使いましたが、生の生姜・にんにくのみじん切りを使うなら、キャベツを入れる前に加えて脂に風味を移してからキャベツを入れるとおいしいですよ。

 

もちろん、もやし、ピーマン、小松菜、水菜、ネギなども合いますが、なぜかキャベツとジャガイモはベーコン・ハム・ソーセージとたいへん相性がよいので、シンプルにキャベツとベーコンだけというのもなかなか。

 

脂が多いベーコンは最良の調味料として、重宝しますよ(^_^)

 

 

 

今日は東京で買える最後のチャンス。

 

私が行ったときは、すでにハムは売り切れ、パテは最後の3つを私が全部買い、ベーコンも二つしかありませんでしたが、一つ買ってきました。

 

後悔しているのは、「ベーコンをもう一つ買ってくればよかった~」(^_^;

 

ディスレクシアの悲しさで、何度も通販でこちらの製品を買っているのに、「外側にある量」と「冷蔵庫の中の空きスペース」が把握できないのです。

 

だから、最初に「絶対に入る量」を買い、入れてみて「うむ、このくらいなら入る」と確信してから次を買い、という手間がかかるのです。

 

今日は多めに買いましたが、何とか大丈夫。

 

しばらく楽しめますわ。

 

さて、今日の作業にかかりましょうか。

 

 

 

Read More »

チャーシュー、フライッシュケーゼ、米粉ビスケット

今日はさらに暑かったですね。

 

4月のはずなのに夏並。

 

おまけに日曜日ですから出たくなかったのですが、どうしても急ぎの用事があり吉祥寺へ。

 

疲れて手の込んだものを作りたいとき、ハム工房古都さんの肉製品はお助けアイテムです

<(_ _)>

 

ちなみに昨夜の食事は、おやつのパンケーキがけっこうお腹にたまっていたので、サラダとチャーシュー。

 

キュウリと大根の塩もみに、レモン出汁割り醤油をかけただけの和風サラダ。

 

チャーシューは細い部分をスライスしてお味見。

 

ラーメンや冷やし中華にのせても、このまま酒の肴にしてもおいしいですね(^_^)

 

そして今朝は、残りの冷やご飯と焼いた鮭、タマネギ・カラーパプリカのみじん切りでチャーハンを作ってそそくさと(^_^;

 

図書館に返す前の本を、3ページほどコンビニでコピー。

 

返却して電車に乗り、吉祥寺へ着いたらすぐにバタバタと目的地へ。

 

一息ついてカフェでお休みし、ブログをあげてから気がついた。

 

「コピー代のおつりをとってくるのを忘れた!」

 

70円とはいえ、ああ~、何やってるのよ~!

 

しょうがない、厄落としだわと考えることにして、来たついでに気になっていたものを買いました。

 

お昼ご飯を食べたくても、日曜日の晴天の吉祥寺がどれほど混んでいるか、ご想像におまかせいたします。

 

帰宅すると2時前。

 

急いで米マカロニをゆでてサラダにし、フライッシュケーゼを薄切りにして焼いただけのお昼ご飯。

 

でもね、これがまたおいしいのよ(^_^)

 

 

残りは冷凍し、明日は絶対に追加を買いに新宿高島屋へ行かなくちゃと決意を新たにしたのでした。

 

そして、今日の楽しいついでのお買い物で、ビスケット作り。

 

昨日の夜にタネを作って冷蔵庫に入れてあったので、堅くなっているのを室温で少しゆるめて麺棒でのし、型抜きです。

 

できあがったのが、こちら。

 

 

もう一つ立っているウサさんの型も買ってきたのですが、室温が高くて今日は無理だわと断念。

 

何となく欲しくなって、ついでに購入してきましたが、複雑な型抜きビスケットは数年ぶりなのでドキドキしながら作りました。

 

何とか形が保ててラッキーです。

 

オーブントースターで焼いているので目が離せませんが、まあまあの出来になりました。

 

レシピはそのうちに。

 

サクサクというよりもホロホロに近い歯触りです。

 

今日はもう休むことを第一にして、明日に備えましょう。

 

天気予報では、明日はまた急激に気温が下がりそうですから、着る物がたいへん。

 

まだまだ春のコートはしまえませんね。

 

 

 

Read More »

ウサギ神と田園生活

AmazonのKindleで出している『ウサギ神奮戦記』『ウサギ神漫遊記』『ウサギ神交遊記 壱』は、神となった因幡の白兎・シロナガミミノミコトを主人公とするコメディです。

 

その中のある箇所でご質問をいただきましたので、もしかしたら他にも「私もそう思った」という方もおいでかもしれませんので、ブログに書いてみます。

 

その質問とは『ウサギ神奮戦記』で「シロナガミミノミコトが諏訪に行き、山の中で田園生活を珍しがって楽しんだ」という箇所で、「ウサギ神は山陰の神だから、山は珍しくないんじゃないの?」というもの。

 

ここはちょっと言葉足らずだったわ~と反省しまして、因幡の白ウサギのエピソードを詳しく書き足したときに、少し加えました。

 

一応「海のない山国」という言葉を足しましたが、実際にシロナガミミノミコトはほとんど山の中では活動していないんですよ。

 

ウサギ神の鎮座する白兎神社は、小高い場所にあるものの海の近く。

 

そして、シロナガミミノミコトが実際に旅をしたルートは、ほとんど山陰の山々の中を通っていないんです。

 

この先はネタバレになりますから、そのつもりでお読みくださいませ<(_ _)>

 

 

 

『ウサギ神奮戦記』では、因幡の白ウサギが大国主命に助けられた後、神通力を得て神になってしまい、ヤカミヒメにスカウトされて共に縁結び事業をスタートすることになります。

 

そして、ヤカミヒメの言いつけで「神の心得」を学ぶために、出雲の大国主命を訪ねることに。

 

このとき、今の白兎神社の近くの洞穴で暮らしていたのですが、ヤカミヒメの社を訪ねて地図を受け取り、それに従い海辺へ出ています。

 

ここでワニザメと仲直りをして出雲へ向かいますが、ここは詳しく書いていませんが、海に沿って出雲へ向かっています。

 

途中で山もありますが、常に海を見ながらの旅。

 

完全な山の中ではないんです(^_^)

 

そして出雲から、大国主命に勧められて向かったのは根の国(死者の世界)。

 

ここは具体的な場所を挙げていませんが、イメージとしては山の中です。

 

ただし、あくまでも通過点。

 

すぐに地下へ入り、死者の世界で素戔嗚尊に会い、「聞かなきゃよかった」様々な神話の真相を聞き、そこからお使いを頼まれて奈良の三輪山へ。

 

死者の世界からすぐ近くに三輪山が見える位置へ出て、お弁当を食べてから三輪山へ入りますから、ここも通過点。

 

大物主神(おおものぬしのかみ)に会い、神々だけが通れる(仏教伝来後は仏も通っている)「神の道」への入り方を教わり、この後は「仏教伝来編」で一時的に人間界へ出て異国の鬼と戦う時以外は、すべて「神の道」を通っています。

 

そういうわけで、諏訪へ建御名方神(たけみなかたのかみ)を訪ねてしばらくそこで暮らしたのは、シロナガミミノミコトにとっては珍しい海のない山ばかりの田園生活だったのです(^_^)

 

『ウサギ神漫遊記』では、諏訪大社から敵の手によって建御名方神と「鳥」の傍から引き離され、何とか脱出して富士山へたどり着きますが、そこでもすぐに富士山だとわからなかったのは、因幡の土地神なので地理感がないから。

 

知っているのは、因幡、出雲、奈良の三輪山、諏訪くらいで、因幡近辺の国々も直に行ったことがないんです。

 

ただし、全国の神々とは毎年出雲で会っていますから、「どこかに社(やしろ)はないでしょうか?」と探しに行こうとし、コノハナノサクヤビメに出会って再会を喜び合って、天狗の太郎坊に鹿島神宮まで送ってもらうことになります。

 

そう、神に会えばそこがどこなのかわかるものの、実際にその土地に立っただけでは「どこ?」となってしまうのも、自分の社に鎮座する神だからなのです。

 

神無月に出雲へ行く以外に土地神がしょっちゅう出歩いては困りますからね(^_^)

 

 

Read More »

具だくさんナポリタンで簡単に(^_^;

今日は朝からぐったり。

 

正確には、昨日の夜からバテバテ。

 

白兎珈琲店に行った日から怒濤の展開で転院となり、手続きやら初診やらの疲れがどっと出ました。

 

昨日の夕食は、「ハム工房古都」さんのパテ・ド・カンパーニュとピーマンをさっと焼いて、キュウリとトマトのスライス、米粉パントーストでした。

 

自家製田舎風パテとはまた違う香辛料の風味で、こちらもおいしくいただきました。

 

私の好みとしては田舎風パテの方ですが、昨夜のパテはプロヴァンスや地中海沿岸のお料理がメインの時に前菜にすると、おしゃれな雰囲気になると思いますわ。

 

そして今朝は普通にご飯、とろろ昆布のおすまし、漬物でしたが、最低限の家事を何とかすませてゴロゴロしているうちに少し元気になったので、お昼は具がたっぷり入ったナポリタンとタラのマリネのサラダを。

 

 

ゆでたタラをほぐし、薄切りタマネギと黄色のパプリカと一緒に、フラックスシードオイル・エクストラバージンオリーブオイル・リンゴ酢・海塩・白コショウのドレッシングに漬けたものです。

 

そして、三穀めん(あわ、きび、ひえで作った麺)に、ピーマンとタマネギの薄切り、「ハム工房古都」さんのソフトサラミを入れて作ったナポリタン。

 

 

 

こういう場合、具は少なめの方がいいんですが、さらに野菜料理を加えるのが面倒で一気にいきました(^_^)

 

味付けは、小さなボウルにケチャップ、中濃ソース、日本酒、水、ガーリック、ジンジャーを混ぜ合わせておき、最後にからめてやや強火で

焼き付けるようにしました。

 

ソフトサラミは、サラミ特有の風味があるのに、やわらかいんですよ。

 

店頭で試食させていただいて、とても気に入ってしまいました。

 

今日はソーセージがないのでこちらで作ってみましたが、おいしいですわよ。

 

私はトマト系ソースのパスタと合わせるなら、普通のソーセージよりもソフトサラミの方が好きです。

 

和風か中華風のパスタなら、プレーンや山椒入りソーセージの方が合いそうかなと。

 

物産展が終わるまでにもう一度行って買ってこなくちゃ!

 

 

 

その後、お昼寝しまして(眠れなかったけど)、何となく甘いものが欲しくてパンケーキを焼きました。

 

米粉パンケーキのミックス粉ですが、ちょうど処分で半額だったのをお試しに買ってありまして。

 

卵とアーモンドミルクで焼いてみました。

 

 

写真では2枚ですが、5枚できて、残りは冷凍です。

 

できあがりは、悪くないですが、ちょっとぼそっとした感じですか。

 

リピートはありません。

 

並んでいるのは、左からオレンジマーマレード、ラズベリージャム、室温に出しておいたバター、飲み物はコーン茶です。

 

ジャムはちょうど小さなガラスボウルに入るくらいの量に小分けして冷凍してあります。

 

一人暮らしでは、一瓶のジャムを食べきるのは時間がかかります。

 

延々とラズベリーを食べていると、たまにはマーマレードやカシスも食べたいとなり、別の一瓶を開けると冷蔵庫の中でジャムが数種類居座ることに。

 

気がつけばカビが生えることも。

 

そのため、いつも瓶を開けたら小分けして数種類を冷凍してあります。

 

こうすれば、一人でも一度に何種類も楽しめますしね。

 

このくらいの分量なら、残ってももう一度パンケーキかトーストにつけて食べればきれいになくなります。

 

甘い物は控えているんですが、さすがに疲れがひどいわ~と感じて大目に見ることにしました<(_ _)>

 

ちなみにハトムギ茶を試したのですが、どうも胃が張って苦しくなるので、コーン茶に戻しました。

 

今日はお洗濯とお風呂場掃除とごろ寝で終わりそうですが、疲れはとれそうです。

 

以前のような精神的にぐったりくるような疲れとは違い、純粋に身体の疲労と新しい病院の緊張感の疲れだけですから、後を引くことはありません(^_^)

 

さてと、明日から頑張りましょう!

 

 

 

そうそう、友人の宮崎純嘉さんの新作がAmazonのKindleに出ました。

 

『天空の庭はいつも晴れている』1~3

 

心に傷を負う少年と少女の成長を描くファンタジーです。

 

興味がおありでしたら、ぜひ!

 

それから、私の「ウサギ神シリーズ」に質問をいただきまして、「なるほど、これは書き足りなかったな~」と反省した点がありました。

 

次回、そのご質問への回答を記事にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

Read More »

道に迷って、うさぎ館(゚Д゚)

今日は朝早くから転院先の病院へ行ってきました。

 

時間を掛けての打ち合わせの後、5月・6月にようやく先生方のスケジュールがとれ、治療をすることに。

 

大学病院なので仕方がないとはいえ、5月の大山へ行く予定の日程にぶつかりました(;。;)

 

でも、これを逃すと、一回目の治療6月、次回は7月か?となるため、病院を優先に。

 

命に関わるとか、手術をするとかではありませんが、病院関係はさっさと終わらせたいです。

 

これまで順調に旅行計画も準備もできて、明日は旅行社に申し込んで入金してこようと思っていた矢先に、こういうことに。

 

それでも年の功か「ここまで順調に来たのに土壇場でダメになったのは、運気の流れが変わって、もっと良いことが起こるんだわ~」と思っております。

 

5、6月はダメでも、もしかしたら7月以降に行けるのかもしれませんし、あるいは今年はご縁がないのかもしれませんが、くよくよしても仕方ないので気分転換をすることに。

 

電車に乗って少し遠回りをし、井の頭公園にある弁天堂にお参りしました。

 

弁才天は『霊獣たちの物語 6』でも、クジャクのイメチェンに一役買っていることもありますし、気晴らしの公園散策の時にはたいてい立ち寄ります。

 

その後、珍しく「いつもと違う道を通って帰りましょう」と迂回。

 

井の頭公園をご存じの方なら、池の周囲の通路の他に、少し登っていく階段っぽい道がいくつもあることを覚えているかと。

 

いつもは池の周囲の低い道を歩いて行くのですが、今日は上に登って吉祥寺駅を目指して……迷った(^_^;

 

「ええ~、あそこで迷うの~!」と驚くあなたは、ディスレクシアの方向感覚のひどさをご存じない(^_^)

 

「あらま、駅はどっち?」状態で歩いているうちに、道を挟んで向こう側に白っぽい建物が!

 

まさかと思って近づいたら、はい、そこがカフェ・ドゥ・リエーブルうさぎ館でした(゚Д゚)

 

クレープとガレットで有名なお店。

 

以前から知っていましたが、地図を見て「ダメだわ、この入り組んだ道を私ではたどり着けない。誰かと一緒じゃなきゃ無理」と諦めておりました。

 

マイナスにマイナスをかけるとプラスになるように、「ディスレクシア特有の方向感覚の鈍さ」と「道に迷った」を掛け合わせると「無理だと思っていた目的地へたどり着ける」んでしょうか?

 

いやもう、びっくりです。

 

何か飲もうと外の看板を見ると、あらま、カレーもある!

 

お昼時で混んでいましたが、すぐに座れ、ドライカリーを注文しました。

 

一人がけの席は窓に面していて、4月というより夏のような濃い緑の風景が。

 

 

最初にサラダが来て、和風ドレッシングがおいしかったわ。

 

 

そしてドライカリー。ちょっと崩してから、思い出して写真を撮りました。

 

朝からラッシュの電車に揺られて、広い病院内を回って、お腹すいていたのよ。

 

 

ライス、ドライカリー、卵の順番で重なり、黄身が半熟の卵を崩しながらいただきます。

 

ちなみに飲み物は頼みませんでした。

 

セットはハーブティーだけで、別料金のコーヒーはありましたが、あまり飲みたくなかったので。

 

今思えば、かなり疲れていたのね(^_^;

 

カリーは一口目は甘めに感じましたが、食べているうちにじわじわと辛さが広がり、おいしかったですわ。

 

サラダもカリーも満足でしたが、店内はあまり「ウサギ度」が高くないの。

 

レトロっぽいイラストはありましたが、ウサギは脇役程度。

 

どちらかというと「アリスのウサギについて行ったら、こういうカフェがありました」という感じです。

 

白兎珈琲店の方が、「ウサギ度」は高いです。

 

雰囲気はカントリーっぽくて可愛いですしカリーもおいしかったですが、店名に惹かれて「ウサさ~ん!」という向きには、ちょっと物足りない。

 

はい、私です(^_^)

 

いやはや、それにしても、なぜこうもウサギとご縁があるのかと思いましたが、きっとシロナガミミノミコトが「もう一度白兎神社に来なくても、傍にいますよ」とPRしているんじゃないのかな、という気がしてきました。

 

うん、きっとそうだわ。

 

だっていろいろな良いことが続いているもの。

 

5月の旅は、伯耆大山、足立美術館、白兎神社、鳥取砂丘の予定で、すでに電車やバスの時間も調べ、ホテルも決めていました。

 

行けなくなってしまいましたが、どうやらウサギ神のご加護は続いていると知らせたくて、ウサギ神があちこちのウサギ関連店を見つけさせてくれているのかなと思います。

 

ご縁があれば大山にも白兎神社にも行けるでしょうが、今は東京にいるか、あるいは他の所へ行くことが最優先なのでしょう。

 

私の運気が変わるときって、停滞することもあり、それまで順調だったことが突然中止になることもありました。

 

前回の停滞期は、お掃除やら在庫整理をしているうちに今後の方針がしっかり固まりましたから、今回の旅行中止は何かの変化があるんだと思います。

 

それも良い方向へ。

 

とりあえず、ウサギ酔いはしないものの「ウサさんカフェ」を立て続けに見つけてちょっぴり幸せです(^_^)

 

 

 

 

Read More »