キャッチコピーを生み出すコツ

 

キャッチコピーって、すごく奥が深いです。

 

たとえば、

商品や企画のキャッチコピーを考えるには、

誰よりもその商品について、深く知っている必要があります。

 

 

商品の魅力をいくつもいくつも出して、

そこから、商品のよさをギューっと凝縮していきます。

 

こうやってコピーを生み出す作業で、

商品に命が宿っていくんですね。

 

 

また、キャッチコピーを考えていく過程で、

新しいアイデアが生まれてきます。

 

誰かに読まれるコピーを考えることで、

主観的な思考が、客観的な思考に切り替わり、

新しい発想が生まれてくるんですね。

 

 

これも、商品について深く考えていればいるほど、

フトした時に、ひらめきがやってきたりします!

 

 

 

考えても、考えても、

シックリくるコピーが出てこないときには、

一度、パッと手放してみてください。

 

 

考えたことは、潜在意識に引き継がれ、あなたが寝ている間にも、

あなたの右脳君が必死に答えを探してくれます。

 

 

お風呂に入っているときや、寝る前など、

リラックスした時に、その答えが浮かび上がります。

 

 

 

私もよくやるのですが、集中して考え抜く、考えて考え抜く。

 

それでも、思い浮かばない場合は、

 

・カフェに行ったり場所を変えてリラックス。

・一旦忘れて別のことをする

・寝る

 

といったことをします。

 

 

 

すると、

たいていは48時間以内に、素晴らしいアイデアが浮かびます。

 

で、いつも思う。

「なんでこれが思いつかなかったんだろう」

って。

 

ま、そんなもんです。

 

 

 

■ キャッチコピーを生み出すコツ

 

私なりのキャッチコピーを生み出すコツをお伝えしますね。

 

それは、盛り込みせずに、

どうしても伝えたいこと(お客さんの得になる)に絞り込む。

 

あれもこれも「なんでもできる!」って、

言いたい気持ちをぐっと抑えて、絞り込む。

 

 

絞り込まれて結晶化されたキャッチコピーは、

ダイアモンドのように、濃縮された魅力を放ちはじめます!

 

 

「1」のものを「1」伝えるのと、

 

「100」あるものを「1」に凝縮して伝えるのでは、

同じ「1」でも、深みが違います。

 

その違いをお客さんは敏感に感じ取ります。

 

 

絞り込むことには、勇気が必要ですが、

絞り込んだからって、死ぬわけではありません。

 

ゲーム感覚で、絞り込みながら、

いくつものキャッチコピーを考えてみてください。

 

きっとあなたの中にある、

あなただけのキャッチコピーが見つかりますよ。