「穴埋めキャッチコピー」365日の活用方法

 

今日は、「穴埋めキャッチコピー」365日

活用方法についてお伝えします。

 

 

「穴埋めキャッチコピー」365日 をお読みいただいている方に、

お会いした際、絶賛をいただくことがあります。

※とてもうれしいです。ありがとうございます!

 

 

でもね。

 

実は、ほとんどの方が知らない、

ビジネス・マーケティング活用方法があるんですよ。フフッ。

 

 

たとえば、ひとつ例を挙げると伝えやすいので、

————————————————–

【穴埋め365】「夢を叶える●●」No.94

————————————————–

をみてみましょう。

 

*********************************************

■本日の穴埋めキャッチコピー:

「夢を叶える○○」

 

■効果的に活用するための解説:

よくあるコピーだが、○○が夢とかけ離れていると、

その意外性に惹きつけることができる

 

■サンプルキャッチコピー:

「夢を叶えるペン習字」

「夢を叶えるプチセレブ朝食」

「夢を叶える財務諸表」

*********************************************

 

 

お読みいただいている方のお話しを聞いていると、

ほとんどの方は、

 

■本日の穴埋めキャッチコピー:

 

 

■サンプルキャッチコピー:

 

は、しっかりと読んでいただき、活用いただいているようです。

 

確かに、「穴埋め」と「サンプル」さえあれば、

すぐに、実践的に、活用いただけますので、十分といえば、十分です。

 

 

ただ、実は、より深く活用いただくには、

■効果的に活用するための解説:

をお読みいただきたいのです。

 

ここには、キャッチコピーの効果的な使い方は、もちろんですが、

マーケーティングやビジネスのヒントが詰め込まれています。

 

 

上記の例で言うと、

————————————————–

 ■効果的に活用するための解説:

よくあるコピーだが、○○が夢とかけ離れていると、

その意外性に惹きつけることができる

————————————————–

の部分ですね。

 

 

これは、対局を表現すると、より大きな市場を創造できることを、

暗に提示してます。

 

 

たとえば、

・金持ち父さん貧乏父さん

・ヘッテルとフエーテル

・凡人の逆襲

※どれもベストセラーの書籍タイトル

 

は、真逆の要素が組み込まれてます。

 

「金持ち父さん」と「貧乏父さん」はまったくのま逆。

「ヘッテル(減ってる)」と「フエーテル(増えてる)」も逆。

「凡人」なのに「逆襲」というのもそう。

 

 

こういった“対局”を意識すると、非常に強力なキャッチコピーや

アイデアが生まれやすいです。

 

 

実は、上記の解説は、そういった意味も示唆している内容なんです。

知ってましたか?

 

 

サンプルでは、夢を叶えるために、

必要とは思えないものを持ってきています。

 

「ペン習字」「プチセレブ朝食」「財務諸表」

ですね。

 

 

少し違った視点で考えてみると・・・

 

「夢」という綺麗なもの、

それとは、『真逆』なものを出してみましょう。

 

たとえば、『叶わない』とか、『罪』とか、

『お金』とかもオモシロいかも。

 

・夢が叶わない成功法則

・罪な人ほど夢をみる

・夢はお金で買えるのだ

 

対局なことを想像して、適当に組み合わせてみましたが、

どれも、なんだか興味を引きませんか?

 

 

こういったキャッチコピーから、

新しいアイデアが生まれたりします。

 

 

 

■ 24年以上、語り継がれる「アイデアのつくり方」

 

24年以上前に出版され、今なお、読み続けらている、

アイディア創出の原理原則を分かりやすく書いた名著

 

アイデアのつくり方」 ジェームスヤング著

 

には、

『アイディアは既存の要素の組み合わせ以外の何ものでもない』

 

と、語られています。

 

 

そして、組み合わせる要素は、

異質であればあるほど、オモシロイものが生まれます。

 

 

こういった私が学び、実際に実践してきたヒントを、

「穴埋めキャッチコピー」365日 の解説に、散りばめています。

 

ちょっと違った視点で、「穴埋め365」をお読みいただき、

違った楽しみ方をしていただけると、一層うれしいです。