5W3Hで文章に漏れをなくす

 

●講座申込をしようと思ったら“場所”が分からない

●“誰に”問い合わせをしたらよいか分からない

●“どうやって”購入すればいいのかが明確ではない

●締め切りが“いつ”なのか分からない

●私が欲しいものが“いくら”なのか分からない

 

 

「かゆい所に手が届いて“いない”文章」ってありませんか?

 

画竜点睛を欠く、とでもいいましょうか、あともう一歩!

という、もったいない文章をよく見かけます。

 

 

人間っていうのは、怠惰な生き物です。

何かひとつ、分からないこと(面倒なこと)があるだけでも、

行動をしなくなってしまいます。

 

 

たとえば、

ショッピングに街に出たとイメージしてみてください。

あなたが欲しいのは、かっこいい(かわいい)ジャケットだとしましょう。

 

本当はゆっくりショッピングを楽しみたいけど、

次の予定が差し迫っていて、時間があまりない。

 

そんなとき、ふと、店頭に並んでいる、

いい感じのジャケットを見つけました。

 

しかも、≪50%OFF≫の値札が!やった!

さっと、羽織ってみたら、ジャストサイズ。これは欲しいかも。

 

でも・・・

実際に“いくら”なのか・・・表示されていない。

 

 

定価が、

・1万円なら、5000円

・3万円なら、15000円

・5万円なら、25000円

という計算は簡単にできますが、具体的な価格表示がなければ、

自分の財布から、いくら出せばジャケットを購入できるか分からない。

 

 

もちろん、店員さんに聞けばすぐにわかります。

でも、時間があまりなかったり、店員さんが近くにいなかったり、

きっと、定価が高いだろうと思い込んでしまったり・・・

 

結局、「まぁ、別にいいかな、、、今日じゃなくても。。。」

と、なってしまう確率は、結構高いと思いませんか?

 

 

では、ここに≪50% 9800円≫って書いてあったらいかがでしょうか。

それが、あなたの予算内であれば、購入していたと思いませんか?

 

単純に、価格の表示がなかっただけで、

売れる可能性をみすみす逃した瞬間です。

 

 

特に、WEBの世界では、こういった些細な漏れで、

チャンスを、ミスミス棒に振ってしまうことってよくあるんですね。

 

 

ひとつ不明な点や面倒なことが増えれば、離脱してしまうお客さんが、

少なくとも10%くらいは増えるのではないでしょうか。

 

ではそれが、ふたつ、みっつ重なったとしたら・・・

 

 

 

そんなときに【5W3H】を考えると、

効果的に文章の漏れや、足りない要素をチェックできます。

 

▼5W

when・・・いつ(期限・期日)

where・・・どこで、どこへ(場所・行き先)

who・・・誰が、誰と(担当・顧客)

what・・・何を(商品・サービス)

why・・・なぜ(理由)

 

▼3H

how・・・どのように(方法・手段)

how many・・・いくつ(数量)

how much・・・いくら(金額・費用)

 

すべての要素が必要ということではありませんが、

少なくても、最低限必要な要素が抜けていないかをチェックできます。

 

あなたの文章も試しに【5W3H】でチェックしてみてくださいね。

 

 

 

▼本日のポイント

文章漏れをなくすには【5W3H】でチェック!