文章力がない、と自分を責める前に

 

「何も書くことが思い浮かびません」

「読み手に有益な情報を伝えられません」

「私には文章力がないんです・・・」

 

文章を書くことは、アウトプットすることです。

アウトプット(出力)するには、インプット(入力)が必要ですよね。

 

文章が書けない理由のひとつに、

【情報(インプット)不足】ということがあります。

 

いくら文章力があったとしても、

情報を持っていなければ書くことはできません。

 

石炭がなければ、火が燃えないのと一緒で、

書くためも最低限の材料(情報)は必要なのです。

※想像力が目覚ましい天才は除きます

 

 

私は、ライティングの専門家ですが、

『20代のOLさんに向けたマンゴープリンの記事を、今書いてください』

と言われても書けません。。

 

「えーーっ、ライティングのプロなんでしょー」

 

なんて、だだをこねられても書けないものは書けません。

だって、マンゴープリンについての知識は0ですし、

20代のOLさんが、一体どういった方々なのかも知りません。

 

その人たちに響かせるために、

どんなマンゴープリン記事を書いていいのか、見当もつかないのです。

 

 

 

■ アウトプットとインプットは、背中合わせの関係

あなたが何かの専門家(人より詳しい程度でもOK)であれば、

すでに伝えるための知識は持っていますので、

ぜひ、アウトプット(ライティング)能力を高めてください。

※そのための方法はこのサイトでいくつも公開していますよね

 

 

しかし、まだまだ知識が足りない場合は、インプットが必要となります。

 

たとえば、私がどうしても、

マンゴープリンの記事を書かなければいけなくなったらどうするか?

※依頼されても書きませんよ(笑)

 

 

まずは、マンゴープリンについて、検索して調べてみます。

マンゴープリンを食べた20代OLさん、の感想などがあればいいですね。

 

あとは、妻に聞いてみたり、女性雑誌を調べたり、実際に食べに行ったり・・・

と、足りない情報を埋めていくわけです。

 

そしてある程度、文章が書けるレベルに情報がインプットされたら、

やっと記事を書き始めることができます。

 

 

つまり、アウトプットするために、

インプットという【リサーチ】をしたということですね。

 

リサーチをしながら、文章の素材を集めていた、という感じでしょうか。

 

 

ライターさんなどでなければ、自分が知らない事について、

情報配信をすることはあまりないと思いますが、

 

それほど深く知らない、または、まったく知らないことであればあるほど

書く前にリサーチが必要になります。

 

これは、文章力うんぬんの前の段階です。

 

 

 

■ 良質はアウトプットは、良質なインプットから

さて、

 

「何も書くことが思い浮かびません」

「読み手に有益な情報を伝えられません」

「私には文章力がないんです・・・」

 

という場合は、

文章力を疑う前に、そもそも知識が足りているかを考えてみてください。

 

そして、知識をひねり出すには限界がありますので、

情報収集にも目を向けてくださいね。

 

本を読んだり、テレビを見たり、人と話しをしたり・・・

 

情報や知識がインプットされればされるほど、

アウトプットは自然とできるようになるものです。

 

情報の水がコップから溢れるようになったら、

アウトプットのタイミングですね。

 

一度こぼれ始めた水は、とめどなく溢れるようになりますので、

自分でも驚くほどのアウトプットスピードになります!

 

良質なインプットや体験・経験に比例して、

良質なアウトプットができますよ。

 

 

 

▼本日のポイント

文章力を疑う前に、知識の足りなさを疑え!