ピラティス初体験。お腹ぺったんこになりそうだ!

きょうはいつもヨガを習っている先生がピラティスの教室を開いたので参加しました。
ピラティスは名前だけは知っていたけれど、ほとんど何の知識もない状態での初体験。

ヨガと似ているのかなと想像していたのですが、
骨盤底筋を中心に、二の腕や腹筋を引締めていく感じで、
ゆったりとしたリラックス効果のあるヨガよりも、鍛える、というイメージが強いです。

ヨガ


きょう教えてもらったピラティスを毎日1時間やれば、1か月で
確実に骨盤底筋は引き締まり腹筋も割れてくれことでしょう!

まぁ割れるほどでなくとも、ウエストは引き締まっている方がいいですから
いろいろな場面で、ピラティスの呼吸を意識してみようとおもいます。

初めてやってみて感じたことは、腹筋の力が弱っていること、
からだの中心を意識する習慣ができていないために、バランスが悪くグラグラしてしまうこと。
いつもと違う筋肉と感覚を使うことができて良い経験となりました。

ちなみにピラティスというのは従軍看護師である発案者の名前で、
彼がリハビリを目的として開発した運動法、コントロロジー(コントロール学)が
のちに彼自身の名前、ピラティスとして定着したのだそうです。

ピラティスについてもいろいろ学びたいことがあるので、追々
こちらのブログに記事として追加していけたらなぁと思います。