ドウダンの季節


今年も枝振りの良いドウダンが手に入りました。

買ったのはたった3本ですが、ひと枝ごとが大きかったので、大きな大きな束を抱えて帰ってきました。

まずはどさっとガラスに生けてキッチンに。





すごく大きいです。
キッチンに立っていると、まるで木陰にいるような気分に。






1日キッチンで楽しんだ後は、サイドボードと、




トイレに生けました。




清々しい緑が目に入るたびに、気持ちがすぅっとします。
このドウダンは、本当に長持ちするので、これから8月中くらいまでこの緑を楽しませてもらうつもり。
切花が長持ちしないこれからの季節に嬉しいです。

余った枝を、近所のお友達にあげたら、お返しにお庭に咲いた見事なアナベルをもらってきました。(Sちゃん、見てる?笑)




これではまるでわらしべ長者ですね^-^

アナベルを生けたのは、津村里佳さんの「ハナドキ」。
柔らかいカーブを描くフチが、頭の重たいアジサイも優しく受け止めてくれます。

梅雨入りし、ジメジメ憂うつな季節になりました。
でもガラスや緑の力を借りて、少しでも部屋を爽やかにしたいと思います。