滋賀県 華岳山公園から布施公園へ

最近、毎月新刊で出る北方謙三著の「岳飛伝」文庫本版を読んでいるのですが、今月本屋でフロスト警部シリーズの最新作で最終作の「フロスト始末」を見つけました。
作者がもう亡くなっているので、残念ですが、もう続きを読むことはできません。とりあえず、フロスト始末を読み終えるまで、岳飛伝はお預けです。

しかし、暑い日が続きます。日々の野外作業が大変です。
週末に出歩く気力がなかなか起こりません。

この暑い8月20日に、滋賀県近江鉄道の市辺駅から華岳山公園を経て布施公園まで歩いてきました。

今回も近江鉄道の無人駅、市辺駅からスタート。
暑い日々が続きますが、空を見上げればウロコ雲が。

e0035757_21310070.jpg
まだ8月なのに、田んぼを見れば、もう稲刈りが始まっています。
e0035757_21311623.jpg
季節は、着実の秋に向かっているのは間違いない。
でも暑い。

田んぼ沿いの道には、モンキチョウや、

e0035757_21313159.jpg
シオカラトンボが見られました。
e0035757_21314198.jpg
田んぼの畦には、インド原産のイチビ。
e0035757_21315515.jpg
平安時代から江戸時代まで、繊維をとるために栽培されたようですが、今では完全に雑草となっています。

オモダカの花も見られました。

e0035757_21323626.jpg
こちらは、シロバナサクラダテかな。
e0035757_21325282.jpg
華岳山公園の入り口着き、横の神社に入ると、なんか見たことある風景が。
なんとここは、3月に雪野山へ行くときに、訪れた羽田神社です。

はぁ~、バスで来れたんだ。
華岳山公園は、小さな山で山頂に登っても誰もいません。

しかし、いろんなセミが鳴いています。
クマゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミ、ヒグラシの鳴き声が確認できました。
登り路に咲いていたキツネノマゴ。

e0035757_21331662.jpg
山頂付近で飛び回っていた、ツマグロヒョウモン。
e0035757_21332873.jpg
華岳山公園を出て、山沿いの道へ。

アオマツムシの幼虫か。

e0035757_21334379.jpg
アオマツムシは、きれいな音色で鳴くそうですが、何故か別名アオゴキブリというらしい。

ツクツクボウシの鳴き声が多いようです。

e0035757_21335809.jpg
枝に付いていたアオバハゴロモ。
e0035757_21340800.jpg
右上のワタボコりのようなのが、幼虫です。

タカサゴユリも咲いていました。

e0035757_21342835.jpg
カニグモが密を求めてくる虫を待ち受けています。

ヤマグリも多いな、と思いながらふと頭上を見ると、
なんとスズメバチの巣が、

e0035757_21344406.jpg
ここは長居は無用。
スズメバチに気づかれないように速やかに退散。

山沿いの道を抜ければ、すぐに布施公園です。
大きな池がある公園ですが、ちょっとイメージが違うので、ここも長居せずに帰路へ。

Read More »

近況報告。

pig* 体重 50.7㎏(前日比 -0.2㎏)

pig* 体重 51.0㎏(前日比 +0.3㎏)

pig* 体重 51.2㎏(前日比 +0.2㎏)

pig* 体重 50.8㎏(前日比 -0.4㎏)

4日分の記録。

いきなりだけど、この子、

我が家の愛犬よ。

犬種はコーギー、歳は満14歳のおじいちゃん犬。

先々週の金曜日、仕事を終えて家に帰ったら

この子が動かなくなってたの。

息も荒くてしんどそう。

14年間大きな病気はしたことがなかったから、

この急変に慌てたアタシ。

ご飯もまったく食べず、自力で水を飲むこともできず。

そして続く嘔吐と下痢。

そのまま息を引き取ってしまうんじゃないかっていうくらいの

そんな状態だったので、その日は徹夜で看病したわ。

次の日の朝までなんとか持ちこたえてくれたので

朝一番でかかりつけの病院へ。

いろいろ検査してわかったのは、腎臓と肝臓の機能低下、

そしてそれに伴う貧血。

すぐに入院して治療が始まったの。

アタシはそれから毎日仕事が終わったら病院へ。

一時は病状が重く、このままだとあと1週間くらいかもと。

それなら家に連れて帰って余生を過ごさせてやりたいと思い、

介護や看病のできる部屋作りをして退院の日を決めたの。

それが前回の更新日の前日のこと。

次の日から愛犬の介護が始まると思っての

前回のブログの内容だったのよ。

が、しかし、

次の日に退院させて連れ帰ろうと病院に行くと、

「少し状態が上向きになってます。可能性があるなら

このままもう少し回復目指して治療したい。」

とドクター。

もちろんお願いしたアタシ。

それからドクターの懸命の治療の結果、

更に状態がよくなり、昨日いい方向で退院することが出来たの。

退院して家に帰ってすぐの画像が上の画像。

まだ元気があるとは言えないけど、

生死をさまよったときに比べれば

ずいぶん顔つきもよくなったのよ。

ただ、余命1週間というのは今のところは免れたものの、

何せ14歳のおじいちゃん犬、急変もあるとのこと。

だから安心はできない状態には変わりないんだけどね。

自力でごはん食べて水を飲むことはできるようにはなったけど、

後ろ足の力が入らず、排せつが困難な状態。

座ったまま排泄してしまうので、

排せつが終わったらすぐにシートを取り換えて

体が汚れたら拭いてやるという状況。

普通に考えれば大変なことよね。

でもね、アタシは看病できることは幸せだと思ってるの。

今までに2匹の愛猫を亡くしたけど、

その時は急に亡くなってしまったので

介護も看病もできなかったの。

もちろん心の準備も全くできず、

しっかりペットロスに陥ったわ。

でも、この子はアタシに看病させてくれる。

そして心の準備もさせてくれてるのだと思うの。

だから、後悔のないようにしっかりと

最後まで看てやりたいと思ってるわ。

14年ってすごいわよね。

この子が家に来たときは、

上の子が9歳で下の子は5歳だったのよ。

我が子の成長と共にずっと一緒に過ごしてきたのよね。

そしておデブのアタシが息を切らしながら

この子を散歩させたものよ。

あとどれくらい一緒に過ごせるかわからないけど、

ほんとに後悔のないように一日一日を

過ごしていこうと思ってるわ。




小梅はなぜかずっとそばにいるわ。

愛犬は外で飼っていたので

この子たちは全くと言っていいほど

一緒に過ごしたことはないのに、

退院して帰ってきてからずっとこの調子。

小梅さん、ここにきて

女子ならではの母性が芽生えたのかしら。

一方銀さんは…

微妙な距離。

でも、気にはなるらしい(笑)


そしてこの画像が今日病院で点滴してもらって

家に帰ってきてすぐの愛犬の様子。

顔がずいぶん穏やかになったわ。

今はアタシの横ですやすや眠ってる。

ペットを飼っていれば、順番的には必ず先に

見送らなければならないのよね。

悲しくて辛いことだけど、これが現実。

ペットを飼っているみなさん、

一緒に過ごせるのには限りがあることを忘れず、

精いっぱいの愛情を注いであげてくださいね。

アタシもうちの子たち(愛犬2匹、愛猫2匹)に

出来る限りの愛情を注いでいこうと思います。。

今日はなんだか長文で、

ましてやダイエット記事ではなかったけど、

アメ限にしたくなかったので

ここで更新させてもらったわ。

次回からダイエット日記再開という事で。

以上、近況報告でした。。

ぽちっとおねがいね♪


にほんブログ村

Read More »