山中が同世代“戦友”へ | 山中慎介が具志堅並ぶV13

ボクシングのWBC世界バンタム級王者山中慎介(34=帝拳)が倒して2つの日本記録に並ぶ。9日、挑戦者の同級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)との15日のタイトル戦(島津アリーナ京都)に向けて都内のジムで練習を公開した。V13達成なら世界戦連続防衛の日本記録に並ぶ大一番。KO勝利なら世界戦で10度目となり、内山高志の日本記録にも並ぶ。引退を表明した内山、三浦隆司と同世代の王者として、衰えぬ雄姿を見せる。

 今年一番の暑さ。37度の外気がこもる都内ジムは、一層の熱気を集める。山中が補給する水分は2リットル。それでも約2時間の練習で体重は3キロ減る。大粒の汗が途切れないその口元に、本心を乗せた。「正直ちょっと寂しかったですね、あの2人は」。先月引退を発表した内山、そしてジムの後輩だった三浦。階級は違うスーパーフェザー級だが、世界王者となった同じ30代。「同じ時期にチャンピオンをやらせてもらいましたしね。(自分は)いまなお強い姿を見せられたら」。時代の動きに心を砕きながら、使命感に燃えた。

 記録にはこだわりはない。ただ、健在の証明にはうってつけの機会でもある。具志堅用高に37年ぶりに並ぶ13度目の防衛が注目だが、世界戦で積み上げたKO数はその具志堅と同じ9回。唯一上にいるのが内山だ。「多少こだわってもいい。力みにつながらなければいいんですけど、もともと1発1発力んで打つタイプなので、そんなに影響はない」。“神の左”と称される左拳ならKOへのこだわりも障害にはならない。

 この日から初のテレビCMも放送開始となった。頭皮ケアシャンプー「スカルプD」のCM。「話しているところは棒読みですけど」と苦笑したが、試合では「棒」立ちなしでKOを呼び込む。中間距離から回転力ある連打が威力あるネリに、「足を止めない。要所で自分のタイミングで打ち込む。シンプルです」と青写真を明瞭に描く。

 22歳の挑戦者は13人目で最年少。「勢いか自分の経験か。どちらが勝るのか、試合でお見せしたい」。したたる汗をぬぐい続けた口元を結び、ひとつうなずいた。

ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)で世界戦連続防衛の日本記録に並ぶ13度目の防衛を目指す王者山中慎介(34=帝拳)が9日、都内のジムで練習を公開した。

 外国人パートナーと2回を終え、合計112回のスパーリング練習を打ち上げ。「全開でスパーというわけではなく、確認も含めてあれぐらいの動き」と言いながらも、足を使いジャブをまとめた。

 同級1位の挑戦者ルイス・ネリ(22=メキシコ)陣営も偵察に訪れる中での練習。「何を変えるというのは難しい。でも、普段打たないアッパーをちょっと多めにしておきました」とニヤリとした。

 調整期間の中では波もあった。「いまいち調子が上がらないこともあり、自分自身でも不安だった」という。しかし、「なぜか分からないですが10日前くらいにすかっと腰あたりの張りが抜けた感じになった。スムーズに動けるようになった」と上昇カーブを描いた。これまでの長い防衛ロードでも体調の波に苦しむことはあったが、試合ではしっかり結果を残してきた。

 練習開始前に行われた会見では、帝拳ジムの浜田剛史代表がV13戦用の特製Tシャツで出席した。これまで数多くの世界戦を控えた会見があったが、同代表がワイシャツ以外の姿で登場するのは前代未聞。「具志堅さんの記録はちょうど私が現役の時の話。到底破られる記録ではないと思っていた」。陣営も大きな期待と覚悟を持って大一番を迎える。

 「ここで(体調が)上げられてきたというのは、体に染みついているものなのかな。ベストにもってこられて安心している。自分自身も楽しみです」と山中。お盆、暑い京都で熱い試合で偉業に並ぶ。

■ルイス・ネリ強打披露「ヒョウの左」
ボクシングで日本記録阻止を狙うWBC世界バンタム級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)が、10日に都内の帝拳ジムで強打をアピールした。

 15日に島津アリーナ京都で、同級王者山中慎介(34=帝拳)が具志堅と並ぶ13度目の防衛戦で世界初挑戦する。試合を5日後に控え、外国人選手では珍しくスパーリングを2回披露した。

 パートナーは山中ともスパー経験のあるスーパーバンタム級の舟山大樹(23)が務めた。最初は軽いジャブでマスボクシングのようだったが、山中につく大和トレーナーは「行け」と指示。舟山が本気で打ち込むと、ネリも本気で打ち返してきた。持ち味である回転力ある連打に、左ストレートも繰り出してきた。2回の終盤にはネリ陣営が「手を抜け」と逆に指示したほどだった。

 ネリはスパー後もミットやサンドバッグ打ちで約1時間きっちり練習した。初の世界戦で初の海外に備え、出発直前まで2カ月高地での走り込みで備えてきた。23戦全勝(17KO)で、山中の防衛戦相手では最年少となる。「1回からプレスをかけて攻めていく。6回KOで勝つ。その前に終わる可能性もある。記録をストップする」と豪語した。ニックネームはスピードある攻撃からパンテラ(ヒョウ)。山中は「神の左」と言われるが「オレはヒョウの左」とうそぶいた。

 舟山は強打者ぶりを認めた。「左で一瞬クラッときた。ボディーもいい一発をもらった。ジャブも強いし、気づいたら次が来る感じで連打がいい」。偵察した大和トレーナーも「最強の相手には違いない。中間距離は向こうが上で、フック、アッパーの回転力がいい」。高評価は変わらなかったが「すべては想定通り。山中が斬り捨てます」とニヤリ。挑戦者を実地に再確認し、V13を確信していた。

■山中慎介に挑むネリの左「神ってる」
ボクシングのWBC世界バンタム級タイトル戦(15日、島津アリーナ京都)に臨む同級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)が7日に来日した。

 13度目の防衛戦の王者山中慎介(34=帝拳)に挑む新鋭は「きれいだし好き。メキシコにはいないけど」と左腕のコイの入れ墨を披露。山中が「神の左」なら、23戦全勝(17KO)の威力満点の左ストレートを持つネリは、プロ野球広島のマスコットと同じで「神ってる左」か…。日本のニシキゴイは海外で人気だが、「コイも持って帰れたら」とベルト以外の目標も口にした。

■山中慎介に挑戦のルイス・ネリ「6回で倒す」
ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチ(8月15日、島津アリーナ京都)に臨む挑戦者で同級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)が7日、米国経由で成田空港に降り立った。世界戦連続防衛の日本タイ記録がかかる王者山中慎介(34=帝拳)に挑む新鋭は、同級シルバー王座のベルトを大事そうに肩に掛けて登場。「KO決着を期待してほしい。6回で倒す。2人ともハードパンチャーだから長いラウンドにはならないだろう」と予告した。

 23戦全勝(17KO)で、生粋のファイター。回転鋭く、加速していく連打をたたき込むスタイルで、連勝街道を歩んできた。「神の左」の山中の左拳対策として「大変似た選手を選んでやってきた。もらわないようにしたい」と自信を漂わせた。「衝撃が強い試合になる。パンチの応酬がある試合をしたい」と打ち合いを歓迎した。

■帝拳ジム浜田代表が覚悟の姿
ボクシングのWBC世界バンタム級王者山中慎介(34=帝拳)が9日、挑戦者の同級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)との15日のタイトル戦(島津アリーナ京都)に向けて都内のジムで練習を公開した。

 練習前の会見冒頭、報道陣がわいた。視線の先には何とTシャツ姿の帝拳ジムの浜田代表がいた。数多くの世界戦会見ではワイシャツ姿が定番。どよめきに照れながら元世界王者は「具志堅さんの記録に並ぶなら、やらんといかんですね」と着席した。おそろいのV13特製Tシャツは、陣営の覚悟と敬意の表れだ。具志堅氏は同じ沖縄出身の大先輩でもあり、「記録は私が現役の時の話。到底破られる記録ではないと思っていた」と述べた。

■WBA世界Sフェザー級王者「KOダイナマイト」内山高志が現役引退
元WBA世界Sフェザー級王者の内山高志(37、ワタナベ)が、現役引退の意向を固めていることが26日、明らかになった。内山は、23日に行われたワタナベジムの後輩、田口良一、京口絋人のダブル世界戦の解説を務め、番組の中で自らの進退を聞かれ「自分の考えはほぼほぼ決まっている」と明言。その後、記者に囲まれ「もう考えは固まっているので今週中に会見します。今日は後輩2人の話だけにして下さい」と語っていた。近日中に記者会見が行われる。
 
 内山は、昨年4月の暫定王者、ジェスレル・コラレス(パナマ)との防衛戦で2回に衝撃KOで敗れ、WBA世界Sフェザー級タイトルの連続防衛記録が「11」で途絶えた。「リベンジをしたい」と再起を決意、大晦日にダイレクトリマッチでコラレスに挑んだが、ダウンを奪いながらも、1-2の判定で敗れて王座復帰はならなかった。試合後、「勝つことしか考えていなかったので、今は何も考えられない」と答え、「余力を残したのが辛い。不完全燃焼とは違うが、もっと出し切れんたじゃないかという思いがある。ただ前回よりは気持ちはサッパリとしている。実力を出し切って、この結果だからしょうがない」と、現役への未練と、引退の狭間で揺れる心中も明らかにしていた。

 その後、内山は、自らの進退について時間をかけて熟考。現役続行も視野に入れ、定期的にジムでの練習を続けて、合宿に参加するなどしていた。37歳の体力面への不安はなかったが、再び世界戦リングに立つためのモチベーションを維持することが難しくなった様子だ。以前、内山は、「練習で、自分をとことん追い込むことができないのならば、リングに立つ資格はない」という持論を語っていた。

 再び世界戦のリングに立つには、ノンタイトルの再起戦を挟まねばならず、先日、激闘の末、タイトルを防衛したコラレスも、ゴールデンプロモーションと契約を結び、今後は米国のリングを主戦場にする方向で、内山には、先の世界再挑戦のビジョンを描きにくい状況もあった。ボクサーにとって最も重要な「戦う理由」の問題で、グローブを吊るす方向へと傾いたようだ。

また内山は、「KOダイナマイト」と呼ばれたが、「ダイナマイトボーイ」という異名をつけられた後輩の京口絋人が、IBF世界ミニマム級王者になるなど、ジムに後継者が生まれたことも、内山に世代交代を決意させる気持ちを後押ししてしまったのかもしれない。

内山は間違いなくボクシング史に残る名ボクサーだった。

 埼玉の花咲徳栄高校からボクシングを始め、拓大に進んだ当初は、補欠だったが、練習と努力で全日本で優勝するまでになり、卒業後は五輪出場を目指した。予選で敗れ、一度は引退を決意するが、ワタナベジムの熱心な誘いを受けプロ転向、2005年7月にプロデビューした。東洋太平洋王座を経て、2010年1月に無敗のまま、プロ14戦目でWBA世界Sフェザー級王者フアン・カルロス・サルガド(メキシコ)に初挑戦。12回にTKOでタイトルを獲得した。以降、度重なる右拳のケガに悩まされながら、日本で歴代3位となる11度の防衛に成功。11試合中9試合がKO、TKOの決着で、2012年にはWBAからKO賞を贈られ、2015年にはスーパー王者に認定されたが、希望していた海外のビッグマッチが最後まで実現できないという悲運もあった。
 内山のプロ戦績は、27戦24勝(20KO)2敗1分け。