野生大麻が増えすぎて除去が追いつかず

野生大麻が多く自生する北海道内で、今年も保健所や自治体による除去作業が行われている。

野生大麻は生命力が強く、毎年、人海戦術で抜き取り作業を続けているが、除去が追いつかないのが現状だ。

「どれだけ抜いてもまた生えてくる。生えては抜いての繰り返しだ」。 7月7日に津別町で行われた野生大麻の除去作業。町職員の男性はため息をついた。

大麻が自生していたのは民有地の2か所。廃屋の裏手と、そこから数キロ離れた小麦畑脇の土手で、青々とした大麻が人の背丈まで育っていた。真夏の陽光が照りつける中、道や町の職員ら約25人は汗だくになって1本ずつ根っこから抜き取り、軽トラックの荷台に積み重ねていった。

この日、同町で除去された大麻は昨年の10倍にあたる8081本、重さ280キロ。その日のうちに町内の最終処分場に埋却された。

合法国に輸出しろよ