タニタの社員が体脂肪管理を怠るとこうなる

体脂肪管理、怠る社員は社食で公表 タニタ

できていない人の名前は壁に張り出します――。学校や塾の成績表の話ではなく、健康機器大手、タニタの社内風景だ。体重や体脂肪率などが分かる体組成計と血圧計を使い、2週間に1度の頻度で社員自らがチェックするよう求めている。1カ月ほど測定を怠ると、食堂とリフレッシュルームの壁に名前が掲出されてしまうのだ。
社員は1人ずつ活動量計を持ち、社内にある機器にかざしてデータを蓄積していく。体組成計や血圧計での定期的な測定も努力目標としている。
歩数競争といった社内イベントの成績上位者は名前を食堂などに掲出される。同時に計測を怠った社員も張り出されてしまう。
不名誉にも名前を張り出された社員は「多くても月5人ほどで、ゼロの場合もある」とタニタの丹羽隆史CHO(チーフ・ヘルスケア・オフィサー、最高健康責任者)は話す。

そういう商品を売ってるんだから仕方がないだろ
例えば、メタボ健診でメタボな指導員に指導受けても
「お前が言うな」ってなるからな