スーパーのポテトサラダで8人がO-157に感染

埼玉県は21日、同県熊谷市拾六間のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」で買ったポテトサラダを食べた6人が腸管出血性大腸菌O157に感染し、うち女児(5)が意識不明の重体、男児(4)と女性(60)が重症になったと発表した。いずれも入院中で、退院のめどは立っていない。

県によると、ポテトサラダは、総菜店が県外の食品加工工場から仕入れ、ハムやリンゴをまぜて販売していた。県は、でりしゃす籠原店を21日から3日間の営業停止処分とした。

14日に群馬県から埼玉県に「群馬県内の医療機関に入院中の埼玉県内在住の患者からO157が検出された」と連絡があり、埼玉県が調べていた。

7日に販売された「ハムいっぱいポテトサラダ」と8日に販売された「リンゴいっぱいポテトサラダ」を食べた埼玉県内居住の4~60歳の8人(男性4人、女性4人)が腹痛などを訴えた。

O157!その強力な感染力
食中毒の原因としてよく知られているサルモネラ菌は、100万個以上もの数が体内に入ってはじめて感染しますが、O157は、たったの100個で感染します。
そのため、検査をしてもO157の菌を検出するのは、かなり困難です

これまで感染源になって食べものの例は井戸水、牛肉、ハンバーグ、牛角切りステーキ、牛タタキ、サラダ、キャベツ、メロン、白菜漬け、日本そば、シーフードソース等とさまざまですので、特定の食品を避ければ大丈夫とは言い切れません。

●157の生存条件・増殖条件
水の中、土の中で数週間~数ヵ月間生きています。
低温に強く、冷凍庫内でも生きています。
酸性に強く、口から入ったO157の大部分は胃の酸にも負けずに生き残ります。
熱には弱く、75℃1分間の加熱で死んでしまいます。
増殖は、温かく栄養分と水分のあるところで盛んになります。清潔、乾燥、低温を保つことで増殖を抑えることができます。
身体の中では大腸で増殖します。

●157感染症の症状
 ◆下痢、腹痛

感染者の約半数は、4~8日の潜伏期間ののちに、激しい腹痛を伴った水様便(水っぽい下痢)が頻回に起こり、まもなく血便(血液の混じった下痢)が出ます。
成人では感染しても、無症状だったり、軽い下痢で終わることが少なくありません。
しかし、その場合でも便には菌が混じって排泄されていますので、家族に感染を広げないよう十分な注意が必要です。