焼肉レストラン「安楽亭」でO157食中毒を確認

横浜市は23日夜、市内にある焼肉レストラン「安楽亭あざみ野店」で先月30日に食事をした男女2人の便から腸管出血性大腸菌O157が検出されたと発表しました。

 患者は80代の男性と10代の女性の2人で、今月3日から7日までに、いずれも腹痛や下痢、発熱の症状があり、病院に入院しましたが、現在は快方に向かっているということです。


 横浜市は、2人が当日食べたサラダ、カルビ、杏仁豆腐、ご飯などを検査中ですが、これまでに原因となる食材は特定されていません。