都知事をリセット | 都政セカンド | 小池百合子「日本をリセットする」

小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」は27日午前、党設立の記者会見を東京都内のホテルで開いた。小池氏は「日本をリセットするために党を立ちあげる」と表明。「寛容な改革保守政党を目指す」「しがらみ政治から脱却」など6項目の綱領を発表した。
小池氏は設立の理由について「しがらみがないからリセットできる。しがらみのない政治、大胆な改革を築く」と説明。党の理念については「改革する精神のベースにあるのは伝統や文化、日本のこころを守る保守の精神だ。寛容な改革の精神に燃えた新しい政党だ」と強調した。
安倍晋三首相の衆院解散方針について「北朝鮮情勢がこういうなかで、政治空白があっていいはずがない」と批判。そのうえで「各地に候補を立て有権者の希望に応えられるように展開していく」として全国規模で候補を擁立する意向を示した。

また、「2020年の五輪・パラリンピックの成功に向けた準備を都知事として進めていきたい。都知事としてこの戦いに臨む」と述べ、次期衆院選での国政への転出を否定した。衆院選後の首相指名選挙への対応については「戦いが終わった時に考える」と述べるにとどめた。
参加メンバーについては「今この時期に日本をリセットしなければ、国際間競争のなかで、日本の安全保障などを十分守り切れない。そんな危機感を共有する仲間が集まった」と指摘。有権者に対して「日本には希望が足りないと思っている。不安を抱くからこそ、希望の党をつくり、しがらみのない政治をつくることで、国民に希望を届けていきたい」と訴えた。

東京をどうにかしろよw