サトウのごはん | 初の値上げ

佐藤食品工業(新潟市)は17日、主力のパックご飯「サトウのごはん」の一部商品を、11月21日出荷分から1パックあたり2~10円値上げすると発表した。

値上げは1988年の発売以来初めてという。原料の国産うるち米の価格が上昇していることに加え、人件費や物流費などのコストが増えていることが主因だ。
対象は、サトウのごはんブランドで展開する「銀シャリ」や「北海道産きらら」、「コシヒカリ小盛り」など31品目。「銀シャリ」の希望小売価格は200グラム入りで150円(税抜き)から160円に、「コシヒカリ小盛り」は150グラム入りで130円から140円にそれぞれ引き上げる。値上げ率は最大8%程度。価格を据え置く商品もある。