東名夫婦死亡 | 罰則重い罪で起訴

神奈川県大井町の東名高速道路で6月、ワゴン車の静岡市の夫婦が死亡した追突事故で、横浜地検は31日、進路をふさぎ事故を誘発したとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで逮捕、送検された福岡県中間市の石橋和歩容疑者(25)を、より罰則が重い同法の危険運転致死傷罪で起訴した。

捜査関係者によると、石橋被告は事故時に降車しており、「運転する行為」が対象の危険運転致死傷罪の適用は異例。地検は事故前の、夫婦のワゴン車へのあおり運転や、進路をふさいで停止させた妨害行為の結果が重大な事故につながったと判断したもようだ。