元小結・旭鷲山 | 日馬富士暴行問題の発言が原因でモンゴル大統領の補佐官職を解任

大相撲の横綱・日馬富士(伊勢ヶ浜)=11月29日引退=の暴行問題に関連して、モンゴルから来日していた元小結・旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(44)が、モンゴルのバトトルガ大統領の補佐官職を解任されたことが30日、分かった。日刊紙ウヌードゥル(電子版)などのモンゴルの複数のメディアが報じた。

解任の理由は、明らかになっていないが、事件発覚後、同氏が日本の複数のテレビ情報番組に出演して、発言していたことに関係があるとみられる。幕内・貴ノ岩(貴乃花)が負傷した写真を公開するなどしていたが、証言の信ぴょう性には疑いの声が上がっていた。