日本が開発した高級ぶどう「シャインマスカット」の苗木が中国に持ち出され中国各地で栽培される

農研機構のぶどう 中国で栽培

茨城県つくば市にある農業の研究機関「農研機構」が開発したぶどうが、中国で栽培されていることが機構の調査でわかりました。
機構では、開発者の許可が必要な品種登録を海外でも進めることで、許可を得ない栽培の拡大を防ぎたい考えです。

このぶどうは、つくば市にある国立研究開発法人の「農研機構」が14年前に高級品種として開発した「シャインマスカット」で、種がなく皮ごと食べられます。
機構によりますと、去年7月、このぶどうが中国で栽培されているという情報が寄せられ、現地調査を行ったところ、葉の形などからこの品種であると確認しました。

さらに詳しく調べた結果、平成19年から5年間で、少なくとも8つのルートで、この品種の苗などが中国に持ち出され、中国の24の地域で栽培されているということです。

機構は、日本国内でシャインマスカットの種や苗を使用したり、海外に持ち出したりする際に開発者の許可が必要となる品種登録を行っていました。
しかし中国では登録しておらず、今後、開発した品種の海外での品種登録を進め、許可を得ない栽培の拡大を防ぎたい考えです。

農研機構の塩谷和正理事は「長い年月をかけて開発した品種が中国で作られているのは残念だ。今後、海外に苗が持ち出され利用されたとしても差し止めできるよう対策を講じたい」と話しています。

韓国の苺パクられにつづいて、次は中国のぶどうか・・・