京都府 天王山山麓散策

先月、右足の小指を思い切りぶつけて、紫色に腫れあがったので、歩くのが困難になってしまいましたぁ~。
なんて、歩きに行けない言い訳ばかりしていますが、一年前から始めた料理への比重が多くなったのが原因かも。

週末は必ずスパイスを使ったカレーを作るので、レシピ探しや具材の下ごしらえ等に時間が取られます。
これから何とか折り合いをつけていかなければ、と思う今日この頃。

12月3日に、距離が短い天王山山麓を歩いてきました。
先ずは阪急大山崎駅から歩いて宝積寺へ。

紅葉はほとんど終わっていていました。
イチョウも散っていましたが、一夜之塔横のイチョウはかろうじて残っていた。
e0035757_00523117.jpg
宝積寺は山崎の合戦の時、秀吉が本陣を置いていた場所。
一夜之塔は、明智軍に勝った秀吉が、勝利記念に一夜で建立したといわれています。

土建屋秀吉は、一夜で城や塔を造るのが好きなのかな。
イロハモミジも少し残っています。
e0035757_00531885.jpg
宝積寺から少し下った所に生えていたホウライシダ。
e0035757_00533191.jpg
葉の裏側に爪のような胞子嚢群があります。
e0035757_00534446.jpg
竹林の道を進み観音寺へ。
境内への階段を上がりながら頭上を見上げると燃えるようなモミジが。
e0035757_00544893.jpg
太陽光が当たると本当にキレイに見えます。
e0035757_00550448.jpg
境内から下る途中の、イチョウの絨毯。
e0035757_00552262.jpg
立ち入り禁止の所なので、落ち葉が荒れていません。

観音寺を出て、名神高速道路をくぐり、住宅地を抜けると小倉神社。
足の小指が痛くなってきたので、小倉神社は通り抜けて西山天王山駅へ。

西山天王山駅手前の小畑川にいた黒にゃんこ。
e0035757_00564666.jpg
黄色い目が印象的です。
今まで猫の目の色まで気にしていませんでしたが、メラニン色素が多いと黄色っぽくなり、少ないと青っぽくなるらしい。

生まれて間もない子猫はすべてブルー(キトンブルー)で、成長するとメラニン色素の量で色が変わるようです。
日本のネコは、黄色い目が多いらしい。

今まで撮った猫の写真を見直したら、やはり黄色っぽい目が多い。