京都府 宇治市 木幡池のカワセミ

京都府 木幡池のカワセミ

2月17日、朝からアベマTVに釘付けの一日となりました。
朝日杯将棋オープン戦で、なんと藤井五段が羽生さんを破り、決勝も勝って優勝。

羽生さんが「負けました」といった時、鳥肌が立ちましたよ。
決勝では、相手の王から離れた所の駒を動かしたところで、相手が投了。

「なんで?」と思いましたが、これで全棋士参加の棋戦で優勝。
優勝賞金750万円と、6段昇進を手に入れました。

藤井聡太棋士の事は、デビュー戦で加藤一二三九段勝った時に知りました。
非公式戦で羽生さんに勝った時から、注目するようになり、怒涛の29連勝(の結果)を見てきました。

今回も佐藤名人に勝った時から、ひょっとしたら羽生さんに勝って、優勝するんじゃないか、という気がしていました。

実際見ていたら、本当に羽生さんに勝って、優勝してしまった。
先月まで四段だったのに、今月五段になったと思ったら、もう六段です。

私は、将棋を子供の頃少しやったぐらいで、あまり知りません。
なので、将棋が見たくて、藤井聡太君を見ているわけではありません。

例えていえば、「ベニー・グッドマン物語」の映画を見ているような。
「藤井聡太物語」というリアルタイムの映画を見ている感じです。

この「藤井聡太物語」とても面白いです。
最後まで見ることが出来ないかも知れませんが…。
来月、師匠との対局がありますが、問題なく師匠越えをしてくれるでしょう。

29連勝に匹敵する、今回の優勝は、多くの若手棋士たちにとって脅威になると思います。
藤井六段に勝たなければ、タイトルを取ることなく棋士人生が終わる可能性があるからです。
今年は、20代棋士たちが打倒藤井で挑んでくる時代が始まるのでは、と思う今日この頃。

2月12日に京都府宇治市の木幡池を訪れました。
木幡池は、かって京都南部に位置していた巨椋池の名残。
先月、タカサゴクロサギが現れたというニュースがあった池です。

木幡池は、住宅と車道に囲まれた池で、なんか落ち着きがありません。
池には、キンクロハジや、
e0035757_13435253.jpg
オオバンが多い気がします。
e0035757_13441185.jpg
カイツブリや、
e0035757_13443395.jpg
オカヨシガモも見られます。
e0035757_13444862.jpg
何気なく歩いていくと、ブルーのキレイな小鳥が飛んだ。
ヨシ原に飛び込んだその鳥は、カワセミです。
e0035757_13450955.jpg
しばらく見ているとまた飛んで、道路側の湖岸へ。
e0035757_13453840.jpg
風に吹かれながら、小魚を探していました。
e0035757_13455408.jpg
湖面に飛び込み小魚をゲット。
e0035757_13460904.jpg
しかし、道沿いなので、人が歩くと遠くに行ってしまう。
e0035757_13463587.jpg
しかし、近くに来てくれることも。
e0035757_13464609.jpg
構造色の鮮やかなブルーが美しい。
e0035757_13470026.jpg
帰りに、許波多神社に寄りました。
境内のご神木、宇治市名木百選選定のクスノキ。
e0035757_13471656.jpg
樹齢150年、高さ22m、幹廻り3.3m。
この日は、久しぶりにカワセミと出会えました。
« »

京都府 宇治市 木幡池のカワセミ

京都府 木幡池のカワセミ

2月17日、朝からアベマTVに釘付けの一日となりました。
朝日杯将棋オープン戦で、なんと藤井五段が羽生さんを破り、決勝も勝って優勝。

羽生さんが「負けました」といった時、鳥肌が立ちましたよ。
決勝では、相手の王から離れた所の駒を動かしたところで、相手が投了。

「なんで?」と思いましたが、これで全棋士参加の棋戦で優勝。
優勝賞金750万円と、6段昇進を手に入れました。

藤井聡太棋士の事は、デビュー戦で加藤一二三九段勝った時に知りました。
非公式戦で羽生さんに勝った時から、注目するようになり、怒涛の29連勝(の結果)を見てきました。

今回も佐藤名人に勝った時から、ひょっとしたら羽生さんに勝って、優勝するんじゃないか、という気がしていました。

実際見ていたら、本当に羽生さんに勝って、優勝してしまった。
先月まで四段だったのに、今月五段になったと思ったら、もう六段です。

私は、将棋を子供の頃少しやったぐらいで、あまり知りません。
なので、将棋が見たくて、藤井聡太君を見ているわけではありません。

例えていえば、「ベニー・グッドマン物語」の映画を見ているような。
「藤井聡太物語」というリアルタイムの映画を見ている感じです。

この「藤井聡太物語」とても面白いです。
最後まで見ることが出来ないかも知れませんが…。
来月、師匠との対局がありますが、問題なく師匠越えをしてくれるでしょう。

29連勝に匹敵する、今回の優勝は、多くの若手棋士たちにとって脅威になると思います。
藤井六段に勝たなければ、タイトルを取ることなく棋士人生が終わる可能性があるからです。
今年は、20代棋士たちが打倒藤井で挑んでくる時代が始まるのでは、と思う今日この頃。

2月12日に京都府宇治市の木幡池を訪れました。
木幡池は、かって京都南部に位置していた巨椋池の名残。
先月、タカサゴクロサギが現れたというニュースがあった池です。

木幡池は、住宅と車道に囲まれた池で、なんか落ち着きがありません。
池には、キンクロハジや、
e0035757_13435253.jpg
オオバンが多い気がします。
e0035757_13441185.jpg
カイツブリや、
e0035757_13443395.jpg
オカヨシガモも見られます。
e0035757_13444862.jpg
何気なく歩いていくと、ブルーのキレイな小鳥が飛んだ。
ヨシ原に飛び込んだその鳥は、カワセミです。
e0035757_13450955.jpg
しばらく見ているとまた飛んで、道路側の湖岸へ。
e0035757_13453840.jpg
風に吹かれながら、小魚を探していました。
e0035757_13455408.jpg
湖面に飛び込み小魚をゲット。
e0035757_13460904.jpg
しかし、道沿いなので、人が歩くと遠くに行ってしまう。
e0035757_13463587.jpg
しかし、近くに来てくれることも。
e0035757_13464609.jpg
構造色の鮮やかなブルーが美しい。
e0035757_13470026.jpg
帰りに、許波多神社に寄りました。
境内のご神木、宇治市名木百選選定のクスノキ。
e0035757_13471656.jpg
樹齢150年、高さ22m、幹廻り3.3m。
この日は、久しぶりにカワセミと出会えました。
« »