鳥取駅の白兎

白兎神社から鳥取駅へ移動すると、駅のポストがこれ。

 

 

鳥取県のポストだと一目でわかる優れものです(^_^)

 

観光客が次々にやってきては写真を撮っていまして、私も記念に。

 

駅の中に入ると、こちらにも砂像が。

 

横に長いので3枚に分けて撮りました。

 

向かって左側から。

 

 

皮をはがれて泣いているウサギとワニザメ。

 

いや、サメなんですけど、ここまでジョーズっぽくしなくても……でもわかりやすい(^_^)

 

そして中央部がこちら。

 

 

さらにジョーズ状態のサメが二匹。

 

そして右端がこちら。

 

 

二枚目の写真のジョーズがだぶりまして、大国主命で締めくくりです。

 

周囲にはガマの穂がペーパークラフト(だったと思う)で添えてあります。

 

砂を水で固めて作ってあるらしく、崩れないのが不思議。

 

鳥取砂丘も行ってみたかったのですが、今回は神様へお礼を申し上げる旅なので断念です。

 

ちなみにヤカミヒメの神社は、あまりにも交通の便が悪くて遠いので諦めました。

 

この日は米子まで移動しました。

 

途中で伯耆大山(ほうきだいせん)がくっきりときれいに見えて感激!

 

お会いした図書館の方に「今日は晴れているから、大山がきれいに見えると思いますよ」と教えていただいたので、じーっと外を見ていました。

 

とはいえ、鳥取から米子に向かうという角度から見ると、空間認知に難があるディスレクシアの悲しさで、「どれが大山(だいせん)なのかわからない」(^_^;

 

たぶんあの一番高い山がそうじゃないかな?

 

いや、ひょっとしたら、あっちか?

 

写真で見た角度と違い、しかも他の山がかぶさってしまうともうわからない(;。;)

 

通りかかった若い車掌さんに尋ねると、「あの雪をかぶっているのですよ」と教えてくださいました!

 

その後アナウンスで、伯耆大山の高さ、今年が開山1300年記念となることなどを教えていただき、楽しく車窓の大山を見ながら米子へ行きました。

 

そして米子に着き、駅近くのビジネスホテルへ。

 

普通なら旅先のお夕食においしいものをとなるのですが、いかんせんアレルギー持ちで、しかも米子駅周辺は居酒屋が多く、日曜休みのお店も。

 

私が食べられそうなお店は車移動しなければ行けない場所なので、駅前のコンビニでおむすびとサラダを買ってすませました。

 

それでも楽しかったわ。

 

こういう機会でなければ、コンビニの食べ物を購入することは無いので、とても珍しかったです(^_^)

 

ホテルのお部屋もわりと広めで、ゆったり過ごせました。

 

白兎神社の旅は、こうして最高にハッピーな状態で終了したんですよ(^_^)

 

 

 

ところが翌日の出雲大社参りは、いろいろな意味で衝撃的な旅となったのでした(゚Д゚)