コート代が浮いたお話(^_^)

お礼参りに行って以来、地味に良いことが続いています。

 

今日はスプリングコートを買いかえずにすむことがわかり、コート予算がそっくり残りましたわ\(^_^)/

 

今までの手持ちの春コートは2枚。

 

よく着ていて買い換え候補となった厚手のポリエステルと、あまり着ていなかったのでほとんど新品の薄手のコートの2枚。

 

よく着ていた方は、ずいぶん昔にブログで書いたような気がしますが、遠出をしたら天気予報がはずれてとても寒かった日に、古着屋さんで間に合わせに買ったコート。

 

ところが間に合わせのわりには物がよく、少し手を加えたらなかなか見栄えも良くなって、ずっと着てきました。

 

とうとう袖口から糸がほつれて見えてきて、生地もだんだん弱り初めてきましたから、「今年は買い換えね~」と探すことに。

 

ところが探しても探しても気に入ったものがなく、困っていました。

 

今朝から定期通院で病院をハシゴしまして、夕方に帰宅し、改めて2枚の春コートを出して眺めました。

 

よく着ていた方は、色こそオータムカラーで私には少しくすみが強いのですが、それ以外は何一つ問題なく、もう少し着たいほど。

 

「ここから糸が出てきたら、さすがにね~」と、なんとなくハサミでパチンと切って引っ張ると、「あら? ほどけない」

 

何度か縫い目を引っ張って調べると、全然大丈夫。

 

「ということは、今年は買い換えずにすむじゃない!」

 

ええ、もう1年ほど探す猶予ができましたわ。

 

さらにもう一枚のコートを点検。

 

こちらは色もデザインも気に入っている着やすいものですが、いかんせん裏地がない薄い一枚仕立て。

 

そのためにどうしても着る期間が短いので残念なコート。

 

とっくりと眺めてから、「そっか、ライナー代わりになるトッパーカーディガンか長いジレを用意して重ね着すればいいのよね~」と、なぜ今まで気づかなかったのかと(^_^;

 

よしよし、どっかのセールで探せばいいわ~と思っていたら、なぜか目は押し入れの衣類を下げたハンガーラックへ。

 

「ひょっとしたら?」と、太めの時に購入してまだ処分していないLLサイズのニット・ジャケットを取り出し、薄手コートの下に重ねると、おあえつらえむきの即席ライナーに!

 

色もサイズもピッタリ!

 

ニット・ジャケットのカフスの飾りボタンをはずせば、袖口もスッキリするとわかりました。

 

ええ、いよいよよく着ていたコートを処分しても、今まであまり出番が無かったもう一枚が活躍できることがわかりまして、「新しいスプリングコートを買う必要がなくなった」のです(^_^)

 

これは嬉しい誤算!

 

このコート予算はそっくり次の旅行費用にできますわよ!

 

行きたいな~と思っている聖地にご縁があるのかしら?

 

ウサギ神のご加護で、良いことがピョンピョン続いているのかな?

 

ともあれ、これでほぼ必要な衣類の買い換えは終わり、後はセールなどで気に入ったものがあれば少し買い増すだけです。

 

ベースワードローブさえそろえば、着る物で心配はいりません。

 

アラスカへオーロラを見に行くとか、熱帯雨林を探検するとかでないかぎり、着る服にも旅の用意にも困りませんわ(^_^)

 

あっけらかんと被服計画も終了しましたから、明日は疲れを抜いて、因幡の白兎のエピソードを詳しく書き足しましょう。