『ウサギ神奮戦記』『ウサギ神漫遊記』訂正終了

無実の罪を着せられた因幡の白兎の名誉のために、大国主命とのエピソードを書き足しました(^_^)

 

そして『ウサギ神漫遊記』も「ちょっと言葉が足りなかったかも」という箇所を少し訂正しました。

 

内容はどちらも全く変化はありません<(_ _)>

 

すでにKindleで訂正版が発売開始となっております。

 

興味がおありでしたら、ご一読願います。

 

 

 

改めて自分の作品を読み返すと、けっこうウサギが出てくるお話が多いことに気づきました。

 

ウサギ神シリーズはもちろんですが、『霊獣たちの物語』にも忘れっぽくて心優しいウサギ一家のエピソードがいくつかあります。

 

同じく忘れっぽいシュリハンドク聖者の庵の隣に住むウサギたちのお話ですが、ケンカ好きな虎のチッタがからむことが多いのです。

 

チッタは須弥山三強霊獣の一頭でたいへん強く、しかも毎日ケンカをして歩く虎ですが、自分よりも弱い相手にはぶっきらぼうながら優しいんです。

 

この虎のチッタとウサギ一家の子ウサギが関わり合うお話がいくつかあり、今後も増えるはず(^_^)

 

シロナガミミノミコトのエピソードもこの先も続きますし、ウサさんとの関わりは長く続きそうです。

 

今日は妙に寒くなりましたし、明日はさらに冷え込みそう。

 

お互いに体調には気をつけましょうね。