チャーシュー、フライッシュケーゼ、米粉ビスケット

今日はさらに暑かったですね。

 

4月のはずなのに夏並。

 

おまけに日曜日ですから出たくなかったのですが、どうしても急ぎの用事があり吉祥寺へ。

 

疲れて手の込んだものを作りたいとき、ハム工房古都さんの肉製品はお助けアイテムです

<(_ _)>

 

ちなみに昨夜の食事は、おやつのパンケーキがけっこうお腹にたまっていたので、サラダとチャーシュー。

 

キュウリと大根の塩もみに、レモン出汁割り醤油をかけただけの和風サラダ。

 

チャーシューは細い部分をスライスしてお味見。

 

ラーメンや冷やし中華にのせても、このまま酒の肴にしてもおいしいですね(^_^)

 

そして今朝は、残りの冷やご飯と焼いた鮭、タマネギ・カラーパプリカのみじん切りでチャーハンを作ってそそくさと(^_^;

 

図書館に返す前の本を、3ページほどコンビニでコピー。

 

返却して電車に乗り、吉祥寺へ着いたらすぐにバタバタと目的地へ。

 

一息ついてカフェでお休みし、ブログをあげてから気がついた。

 

「コピー代のおつりをとってくるのを忘れた!」

 

70円とはいえ、ああ~、何やってるのよ~!

 

しょうがない、厄落としだわと考えることにして、来たついでに気になっていたものを買いました。

 

お昼ご飯を食べたくても、日曜日の晴天の吉祥寺がどれほど混んでいるか、ご想像におまかせいたします。

 

帰宅すると2時前。

 

急いで米マカロニをゆでてサラダにし、フライッシュケーゼを薄切りにして焼いただけのお昼ご飯。

 

でもね、これがまたおいしいのよ(^_^)

 

 

残りは冷凍し、明日は絶対に追加を買いに新宿高島屋へ行かなくちゃと決意を新たにしたのでした。

 

そして、今日の楽しいついでのお買い物で、ビスケット作り。

 

昨日の夜にタネを作って冷蔵庫に入れてあったので、堅くなっているのを室温で少しゆるめて麺棒でのし、型抜きです。

 

できあがったのが、こちら。

 

 

もう一つ立っているウサさんの型も買ってきたのですが、室温が高くて今日は無理だわと断念。

 

何となく欲しくなって、ついでに購入してきましたが、複雑な型抜きビスケットは数年ぶりなのでドキドキしながら作りました。

 

何とか形が保ててラッキーです。

 

オーブントースターで焼いているので目が離せませんが、まあまあの出来になりました。

 

レシピはそのうちに。

 

サクサクというよりもホロホロに近い歯触りです。

 

今日はもう休むことを第一にして、明日に備えましょう。

 

天気予報では、明日はまた急激に気温が下がりそうですから、着る物がたいへん。

 

まだまだ春のコートはしまえませんね。

 

 

 

Read More »

ウサギ神と田園生活

AmazonのKindleで出している『ウサギ神奮戦記』『ウサギ神漫遊記』『ウサギ神交遊記 壱』は、神となった因幡の白兎・シロナガミミノミコトを主人公とするコメディです。

 

その中のある箇所でご質問をいただきましたので、もしかしたら他にも「私もそう思った」という方もおいでかもしれませんので、ブログに書いてみます。

 

その質問とは『ウサギ神奮戦記』で「シロナガミミノミコトが諏訪に行き、山の中で田園生活を珍しがって楽しんだ」という箇所で、「ウサギ神は山陰の神だから、山は珍しくないんじゃないの?」というもの。

 

ここはちょっと言葉足らずだったわ~と反省しまして、因幡の白ウサギのエピソードを詳しく書き足したときに、少し加えました。

 

一応「海のない山国」という言葉を足しましたが、実際にシロナガミミノミコトはほとんど山の中では活動していないんですよ。

 

ウサギ神の鎮座する白兎神社は、小高い場所にあるものの海の近く。

 

そして、シロナガミミノミコトが実際に旅をしたルートは、ほとんど山陰の山々の中を通っていないんです。

 

この先はネタバレになりますから、そのつもりでお読みくださいませ<(_ _)>

 

 

 

『ウサギ神奮戦記』では、因幡の白ウサギが大国主命に助けられた後、神通力を得て神になってしまい、ヤカミヒメにスカウトされて共に縁結び事業をスタートすることになります。

 

そして、ヤカミヒメの言いつけで「神の心得」を学ぶために、出雲の大国主命を訪ねることに。

 

このとき、今の白兎神社の近くの洞穴で暮らしていたのですが、ヤカミヒメの社を訪ねて地図を受け取り、それに従い海辺へ出ています。

 

ここでワニザメと仲直りをして出雲へ向かいますが、ここは詳しく書いていませんが、海に沿って出雲へ向かっています。

 

途中で山もありますが、常に海を見ながらの旅。

 

完全な山の中ではないんです(^_^)

 

そして出雲から、大国主命に勧められて向かったのは根の国(死者の世界)。

 

ここは具体的な場所を挙げていませんが、イメージとしては山の中です。

 

ただし、あくまでも通過点。

 

すぐに地下へ入り、死者の世界で素戔嗚尊に会い、「聞かなきゃよかった」様々な神話の真相を聞き、そこからお使いを頼まれて奈良の三輪山へ。

 

死者の世界からすぐ近くに三輪山が見える位置へ出て、お弁当を食べてから三輪山へ入りますから、ここも通過点。

 

大物主神(おおものぬしのかみ)に会い、神々だけが通れる(仏教伝来後は仏も通っている)「神の道」への入り方を教わり、この後は「仏教伝来編」で一時的に人間界へ出て異国の鬼と戦う時以外は、すべて「神の道」を通っています。

 

そういうわけで、諏訪へ建御名方神(たけみなかたのかみ)を訪ねてしばらくそこで暮らしたのは、シロナガミミノミコトにとっては珍しい海のない山ばかりの田園生活だったのです(^_^)

 

『ウサギ神漫遊記』では、諏訪大社から敵の手によって建御名方神と「鳥」の傍から引き離され、何とか脱出して富士山へたどり着きますが、そこでもすぐに富士山だとわからなかったのは、因幡の土地神なので地理感がないから。

 

知っているのは、因幡、出雲、奈良の三輪山、諏訪くらいで、因幡近辺の国々も直に行ったことがないんです。

 

ただし、全国の神々とは毎年出雲で会っていますから、「どこかに社(やしろ)はないでしょうか?」と探しに行こうとし、コノハナノサクヤビメに出会って再会を喜び合って、天狗の太郎坊に鹿島神宮まで送ってもらうことになります。

 

そう、神に会えばそこがどこなのかわかるものの、実際にその土地に立っただけでは「どこ?」となってしまうのも、自分の社に鎮座する神だからなのです。

 

神無月に出雲へ行く以外に土地神がしょっちゅう出歩いては困りますからね(^_^)

 

 

Read More »

具だくさんナポリタンで簡単に(^_^;

今日は朝からぐったり。

 

正確には、昨日の夜からバテバテ。

 

白兎珈琲店に行った日から怒濤の展開で転院となり、手続きやら初診やらの疲れがどっと出ました。

 

昨日の夕食は、「ハム工房古都」さんのパテ・ド・カンパーニュとピーマンをさっと焼いて、キュウリとトマトのスライス、米粉パントーストでした。

 

自家製田舎風パテとはまた違う香辛料の風味で、こちらもおいしくいただきました。

 

私の好みとしては田舎風パテの方ですが、昨夜のパテはプロヴァンスや地中海沿岸のお料理がメインの時に前菜にすると、おしゃれな雰囲気になると思いますわ。

 

そして今朝は普通にご飯、とろろ昆布のおすまし、漬物でしたが、最低限の家事を何とかすませてゴロゴロしているうちに少し元気になったので、お昼は具がたっぷり入ったナポリタンとタラのマリネのサラダを。

 

 

ゆでたタラをほぐし、薄切りタマネギと黄色のパプリカと一緒に、フラックスシードオイル・エクストラバージンオリーブオイル・リンゴ酢・海塩・白コショウのドレッシングに漬けたものです。

 

そして、三穀めん(あわ、きび、ひえで作った麺)に、ピーマンとタマネギの薄切り、「ハム工房古都」さんのソフトサラミを入れて作ったナポリタン。

 

 

 

こういう場合、具は少なめの方がいいんですが、さらに野菜料理を加えるのが面倒で一気にいきました(^_^)

 

味付けは、小さなボウルにケチャップ、中濃ソース、日本酒、水、ガーリック、ジンジャーを混ぜ合わせておき、最後にからめてやや強火で

焼き付けるようにしました。

 

ソフトサラミは、サラミ特有の風味があるのに、やわらかいんですよ。

 

店頭で試食させていただいて、とても気に入ってしまいました。

 

今日はソーセージがないのでこちらで作ってみましたが、おいしいですわよ。

 

私はトマト系ソースのパスタと合わせるなら、普通のソーセージよりもソフトサラミの方が好きです。

 

和風か中華風のパスタなら、プレーンや山椒入りソーセージの方が合いそうかなと。

 

物産展が終わるまでにもう一度行って買ってこなくちゃ!

 

 

 

その後、お昼寝しまして(眠れなかったけど)、何となく甘いものが欲しくてパンケーキを焼きました。

 

米粉パンケーキのミックス粉ですが、ちょうど処分で半額だったのをお試しに買ってありまして。

 

卵とアーモンドミルクで焼いてみました。

 

 

写真では2枚ですが、5枚できて、残りは冷凍です。

 

できあがりは、悪くないですが、ちょっとぼそっとした感じですか。

 

リピートはありません。

 

並んでいるのは、左からオレンジマーマレード、ラズベリージャム、室温に出しておいたバター、飲み物はコーン茶です。

 

ジャムはちょうど小さなガラスボウルに入るくらいの量に小分けして冷凍してあります。

 

一人暮らしでは、一瓶のジャムを食べきるのは時間がかかります。

 

延々とラズベリーを食べていると、たまにはマーマレードやカシスも食べたいとなり、別の一瓶を開けると冷蔵庫の中でジャムが数種類居座ることに。

 

気がつけばカビが生えることも。

 

そのため、いつも瓶を開けたら小分けして数種類を冷凍してあります。

 

こうすれば、一人でも一度に何種類も楽しめますしね。

 

このくらいの分量なら、残ってももう一度パンケーキかトーストにつけて食べればきれいになくなります。

 

甘い物は控えているんですが、さすがに疲れがひどいわ~と感じて大目に見ることにしました<(_ _)>

 

ちなみにハトムギ茶を試したのですが、どうも胃が張って苦しくなるので、コーン茶に戻しました。

 

今日はお洗濯とお風呂場掃除とごろ寝で終わりそうですが、疲れはとれそうです。

 

以前のような精神的にぐったりくるような疲れとは違い、純粋に身体の疲労と新しい病院の緊張感の疲れだけですから、後を引くことはありません(^_^)

 

さてと、明日から頑張りましょう!

 

 

 

そうそう、友人の宮崎純嘉さんの新作がAmazonのKindleに出ました。

 

『天空の庭はいつも晴れている』1~3

 

心に傷を負う少年と少女の成長を描くファンタジーです。

 

興味がおありでしたら、ぜひ!

 

それから、私の「ウサギ神シリーズ」に質問をいただきまして、「なるほど、これは書き足りなかったな~」と反省した点がありました。

 

次回、そのご質問への回答を記事にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

Read More »

道に迷って、うさぎ館(゚Д゚)

今日は朝早くから転院先の病院へ行ってきました。

 

時間を掛けての打ち合わせの後、5月・6月にようやく先生方のスケジュールがとれ、治療をすることに。

 

大学病院なので仕方がないとはいえ、5月の大山へ行く予定の日程にぶつかりました(;。;)

 

でも、これを逃すと、一回目の治療6月、次回は7月か?となるため、病院を優先に。

 

命に関わるとか、手術をするとかではありませんが、病院関係はさっさと終わらせたいです。

 

これまで順調に旅行計画も準備もできて、明日は旅行社に申し込んで入金してこようと思っていた矢先に、こういうことに。

 

それでも年の功か「ここまで順調に来たのに土壇場でダメになったのは、運気の流れが変わって、もっと良いことが起こるんだわ~」と思っております。

 

5、6月はダメでも、もしかしたら7月以降に行けるのかもしれませんし、あるいは今年はご縁がないのかもしれませんが、くよくよしても仕方ないので気分転換をすることに。

 

電車に乗って少し遠回りをし、井の頭公園にある弁天堂にお参りしました。

 

弁才天は『霊獣たちの物語 6』でも、クジャクのイメチェンに一役買っていることもありますし、気晴らしの公園散策の時にはたいてい立ち寄ります。

 

その後、珍しく「いつもと違う道を通って帰りましょう」と迂回。

 

井の頭公園をご存じの方なら、池の周囲の通路の他に、少し登っていく階段っぽい道がいくつもあることを覚えているかと。

 

いつもは池の周囲の低い道を歩いて行くのですが、今日は上に登って吉祥寺駅を目指して……迷った(^_^;

 

「ええ~、あそこで迷うの~!」と驚くあなたは、ディスレクシアの方向感覚のひどさをご存じない(^_^)

 

「あらま、駅はどっち?」状態で歩いているうちに、道を挟んで向こう側に白っぽい建物が!

 

まさかと思って近づいたら、はい、そこがカフェ・ドゥ・リエーブルうさぎ館でした(゚Д゚)

 

クレープとガレットで有名なお店。

 

以前から知っていましたが、地図を見て「ダメだわ、この入り組んだ道を私ではたどり着けない。誰かと一緒じゃなきゃ無理」と諦めておりました。

 

マイナスにマイナスをかけるとプラスになるように、「ディスレクシア特有の方向感覚の鈍さ」と「道に迷った」を掛け合わせると「無理だと思っていた目的地へたどり着ける」んでしょうか?

 

いやもう、びっくりです。

 

何か飲もうと外の看板を見ると、あらま、カレーもある!

 

お昼時で混んでいましたが、すぐに座れ、ドライカリーを注文しました。

 

一人がけの席は窓に面していて、4月というより夏のような濃い緑の風景が。

 

 

最初にサラダが来て、和風ドレッシングがおいしかったわ。

 

 

そしてドライカリー。ちょっと崩してから、思い出して写真を撮りました。

 

朝からラッシュの電車に揺られて、広い病院内を回って、お腹すいていたのよ。

 

 

ライス、ドライカリー、卵の順番で重なり、黄身が半熟の卵を崩しながらいただきます。

 

ちなみに飲み物は頼みませんでした。

 

セットはハーブティーだけで、別料金のコーヒーはありましたが、あまり飲みたくなかったので。

 

今思えば、かなり疲れていたのね(^_^;

 

カリーは一口目は甘めに感じましたが、食べているうちにじわじわと辛さが広がり、おいしかったですわ。

 

サラダもカリーも満足でしたが、店内はあまり「ウサギ度」が高くないの。

 

レトロっぽいイラストはありましたが、ウサギは脇役程度。

 

どちらかというと「アリスのウサギについて行ったら、こういうカフェがありました」という感じです。

 

白兎珈琲店の方が、「ウサギ度」は高いです。

 

雰囲気はカントリーっぽくて可愛いですしカリーもおいしかったですが、店名に惹かれて「ウサさ~ん!」という向きには、ちょっと物足りない。

 

はい、私です(^_^)

 

いやはや、それにしても、なぜこうもウサギとご縁があるのかと思いましたが、きっとシロナガミミノミコトが「もう一度白兎神社に来なくても、傍にいますよ」とPRしているんじゃないのかな、という気がしてきました。

 

うん、きっとそうだわ。

 

だっていろいろな良いことが続いているもの。

 

5月の旅は、伯耆大山、足立美術館、白兎神社、鳥取砂丘の予定で、すでに電車やバスの時間も調べ、ホテルも決めていました。

 

行けなくなってしまいましたが、どうやらウサギ神のご加護は続いていると知らせたくて、ウサギ神があちこちのウサギ関連店を見つけさせてくれているのかなと思います。

 

ご縁があれば大山にも白兎神社にも行けるでしょうが、今は東京にいるか、あるいは他の所へ行くことが最優先なのでしょう。

 

私の運気が変わるときって、停滞することもあり、それまで順調だったことが突然中止になることもありました。

 

前回の停滞期は、お掃除やら在庫整理をしているうちに今後の方針がしっかり固まりましたから、今回の旅行中止は何かの変化があるんだと思います。

 

それも良い方向へ。

 

とりあえず、ウサギ酔いはしないものの「ウサさんカフェ」を立て続けに見つけてちょっぴり幸せです(^_^)

 

 

 

 

Read More »

「最近の刑務所では煙草本位制が崩れ、ラーメン本位制に」海外の反応

Comment by ShuuyiW今日学んだこと。最も人気のある刑務所通貨は今ではタバコではなく、ラーメンになってる。<記事訳>今ではタバコではなくラーメンが刑務所通貨の王様になっています。「American Sociological Association」の調査によって囚人たちは安い食べものを通貨と…

Read More »