市販品を試してみることに

島根でかなり大きな地震があったようですね。

 

これ以上余震や被害がでないといいのですが。

 

いろいろな神様に守られている土地なので、もう大丈夫であるようにお願いしておきましょう

<(_ _)>

 

 

 

さて、本日は髪をカットしてきて、帰宅途中にスーパーでこれを購入。

 

 

先月に友人が「こだわりのグルテンフリーのお店で買ってみたわ~」と食パンを半分お裾分けしてくれました。

 

とにかく「おお~!」と驚くような身体に良い素材を使った米粉パンでしたが、お値段を聞いて仰天。

 

確かにその材料を使っているなら、それだけ高くてもね~、でも頻繁には買えないわ~という高価格。

 

ちなみに私が普段作っているグルテンフリーのパンミックスで作るのは、だいたい一斤400円程度。

 

友人が奮発したこだわりパンはパウンドケーキくらいのサイズで1200円。

 

うーむ。

 

その友人は私が作ったパンの方がお気に入りで、材料費をいただいて作っては、来たときにもたせております。

 

とはいえ、市販品でそれなりの価格でそれなりにおいしいグルテンフリーのパンがあれば、わざわざ作らんでもいいわな~。

 

たまたまいつも行くスーパーでこちらのパンが値下げになっていたので、お試しに購入してみました。

 

定価は500円くらいだったかと。

 

それが値引きになっていたので購入してみました。

 

いえね、最初から「おいしい、好きだわ」とわかっていれば定価で買いますが、「はたしてどんな味なのか? ひょっとしたら、嫌いな味?」というものを500円も出して買えませんわ(^_^;

 

はずしたら、誰が責任をとってくれるのよ!

 

というわけで、「うーむ、安いから試せるわ」と購入。

 

今、最後の「とかち野酵母」を使って米粉パンを焼いておりますので、近日中に食べ比べてみようと思います。

 

買ってきた米粉パンはぴっちりと密封されていますから、まだ日持ちしますし、用事で近々友人が来るので、そのときに食べ比べてみるつもりです。

 

今日買ってきたパンがおいしければ、手持ちのミックス粉を使い切ったら市販品に切り替えられますし、ホームベーカリーも持つ必要はありませんし、おうちもスッキリ!

 

でも「うーん、イマイチ」であれば諦めてホームベーカリーで地道に作りましょう。

 

世間にはたくさんおいしいパンがあふれているのに、麦にアレルギーがあるとダメなのよね~。

 

でもまあ、食べられない分、太る心配が減るからこれはこれでいいのかしら?

 

うん、きっといいのよ(^_^)

 

 

もうすぐ冷凍庫の肉・魚類も無くなりますので、空になったら市販のお肉のローストやお惣菜を試してみようと計画しています。

 

ロースト・チキンやビーフやポークが、市販品でおいしいものに出会えれば、一人分なら買っても不経済ではありますまい、たぶん(^_^;

 

そう考えるようになったのは、「みかえりうさぎのヒュッゲな生活」さんのブログで、ローストビーフを買ってきた記事を読んだから。

 

これまでは何を食べてもアナフィラキシーショックを起こしそうで、恐ろしくて市販品は食べられませんでしたが、体調が整ってきた今ならいける!

 

好みに合うおいしいものが買えるなら、大量に食べる育ち盛りの年齢ではございませんから(横に育つだけだわ)、少量買えばちょうどいいかなと期待しております(^_^)

 

さて、パンが焼き上がったら冷まして切って冷凍し、来客時に自家製パン2種(すでに焙煎玄米粉使用のパンが冷凍庫にありますの)と買ってきたパンを食べ比べてみましょう。

 

できることなら、「あら~、買ってきたパンの方がおいしいわ~」となることを期待しているのですが、どうなりますことか。

 

市販品が使えないと自力で作る必要があり、必然的に道具類が増えてしまいますが、無いと作れない食べられないのですから、仕方がありません。

 

さてさて市販品のお試し、どうなるのか楽しみです(^_^)

 

試食が完了しましたら、またブログで!