奈良県 葛城山麓の道

古い山渓の雑誌を見ていたら、葛城山麓の道が載っていたので見てみると、以前歩いた葛城古道の続きでした。

葛城古道は、風の森峠から、高天彦神社、一言主神社を経て六地蔵までのルート。
続きは、六地蔵から笛吹神社、葛城山麓公園を経て、綿弓塚から竹内街道へのルートです。

名称は葛城古道ではなく、葛城山麓の道となっていました。
気になったのは、地図が古い事。南阪奈道路がまだありません。

4月1日の日曜日に、葛城山麓の古道を歩いてきました。
近鉄御所駅から六地蔵を目指します。

前回も帰りに寄った、崇道神社へ。
境内に生えている、幹廻り4m以上のムクノキやムクロジの巨木。
e0035757_22483240.jpg
巨大なムクロジ。
e0035757_22484782.jpg
御所市観光ガイドのサイトでは、幹廻り4.25mとあります。

さらに進めば、大きなカヤが見えて来たら、鴨山口神社。
鳥居横のサクラは満開。
e0035757_22490619.jpg
道路を越えれば、巨岩に6体の地蔵が刻まれた六地蔵へ。
ここからが前回の続きに。

猿目橋を過ぎて、上りが続く葛城ロープウェイへの道路を進むと、サクラ並木が見えてきた。
サクラの木が生えている斜面は、かなり広い一帯をゲートで囲い何か生き物を放牧しているらしい。
e0035757_22492990.jpg
どうやらヒツジのようです。

大きな水車がある所から、山麓の道へ。
振り返ると、先ほどのヒツジ放牧場の斜面が見えました。
e0035757_22494581.jpg
サクラの右下にヒツジがいます。
山麓の道を進むと、田んぼの畦には、ツクシが終わり、カンサイタンポポが咲いています。
e0035757_22510046.jpg
あちこちで、キジの鳴き声が聞こえますが、道はずっと舗装されています。
地図のルートがはっきり分からないので、グーグルマップと近畿自然歩道を見ながら笛吹神社へ。

円形の柱で造られたシンプルな神明鳥居が見えたら笛吹神社。
正式な名前は、葛木坐火雷神社(かつらきにいますほのいかづちじんじゃ)
e0035757_22513060.jpg
境内にはイチイガシが群生し、奈良県の天然記念物に指定されています。
階段を上がると、境内に大砲が。
e0035757_22524979.jpg
日露戦争の記念に政府から奉献されたロシア製「加農攻守城砲」との事。

神社を後にして、山麓公園を目指します。
サクラ越しの葛城山。
e0035757_22530635.jpg
葛城山麓公園の近くに気になる看板が。
e0035757_22532031.jpg
マムシは分かりますが、ハビが何のことか分かりません。
ハビっ何?

気になりながら公園の入り口まで来ると、今度は。
e0035757_22533585.jpg
ハブ居るの?奈良県に。

あとで、調べてみると、マムシの事を方言でハビとかハブという地域があるらようだ。
ハビとかハブは、食べるという意味の「食む(ハム)」に由来するらしい。

葛城山麓公園は、桜の名所になっているらしく、満開の今、訪れる人がとても多い。
周囲の駐車場は全て満車です。

公園に行くのをやめました。

道標頼りに進んでいくと、何かおかしい。
あるべき道がなく、進んでいくと広い車道にでました。

南阪奈道路が横切って、ルートが変わってしまったんでしょうか。
よくわかりません。

しかし綿弓塚への標識があったので、何とか芭蕉ゆかりの綿弓塚に到着。
この辺りは竹内(たけのうち)という土地で、竹内街道が通り、昔は宿屋や茶店が多かったらしい。

松尾芭蕉が、のざらし紀行の旅に出た時に同行した、俳人千里の郷里。
千里が芭蕉を郷里に案内し、千里の家で10日ほど滞在したもよう。

「わた弓や琵琶になぐさむ竹のおく」芭蕉

綿弓は、秋の季語、「綿打ち弓」ともいい、種を取り除いた綿をはじき打って精製する弓のような道具。
打つ時に、ヴューン、ヴュ-ンと琵琶のような音がでます。

芭蕉の資料が展示してある、休憩所に置いてあった綿弓。
e0035757_22545709.jpg
思ったより大きかった。